セレナのアラウンドビューモニターをナビに表示|純正・社外ナビOK

オプション

新型セレナ(C27)に搭載されるインテリジェントアラウンドビューモニター(以下、アラウンドビューモニター)。

元々はエルグランドE51後期型で世界初の採用となった、日産のパーキングアシストシステムです。

このシステムがあれば車体の大きなミニバンでも駐車が安全でスムーズになります。

アラウンドビューモニターはナビに表示させることができますが、必ずしもどのセレナのナビにも表示させることができるわけではありません。

販売時期によりセレナの仕様がかわっているからです。

まずこのことをご説明し、その後に純正・社外ナビに表示する方法、社外品でナビ表示ができるものをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大100社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

セレナのアラウンドビューモニターはナビ表示できない?

新型セレは2016年8月から販売が開始され、2018年3月からe-POWERがリリースされました。

そして2018年9月に仕様の一部向上が施されています。

アラウンドビューモニターのナビ表示に関する仕様は以下のように分類できます。

アラウンドビューモニターをナビ表示「できる」セレナ

9インチワイド大型モニター採用&Blu-rayディスク再生。 日産オリジナルナビゲーション
出典:日産セレナサイト

アラウンドビューモニターを最初からナビに表示できるのは次のセレナ。

e-POWER搭載車
2018年9月以降のセレナ(e-POWER非搭載車も)

これらのセレナではナビ表示ができるので特別何か設定する必要はありません。

なのでこの記事の主な対象は、次のナビ表示が「できない」セレナユーザーになります。

アラウンドビューモニターをナビ表示「できない」セレナ

次のセレナはアラウンドビューモニターのナビ表示ができません。

2016年8月〜2018年8月のセレナでe-POWER非搭載車

上記のセレナは後にご紹介する方法を用いて初めてナビ表示が可能となります。

アラウンドビューモニターをナビ表示するメリット

メータ-内の7インチカラーディスプレイに映像が表示されます。
出典:日産セレナサイト

アラウンドビューモニターはナビ表示しない(ナビの装着をしなかった)場合、アドバンスドドライブアシストディスプレイ内の7インチカラーディスプレイに表示されます。

速度などが表示されるメーターパネルのところです。

ただ、これは少し小さくて見づらいです。

7インチというサイズに加え、メーターパネルというかなり奥まった場所に表示されるので決して視認性が高いとは言えない状態なのです。

これが9インチ純正ナビに表示できたなら、より大きな画面でアラウンドビューを見られ、モニターするストレスが大幅に少なくなります。

このシステムを重視する人であればぜひナビに表示させて利用したいところです。

では、その方法をご紹介します。

スポンサーリンク

セレナのアラウンドビューモニターをナビに表示するには

新型セレナでH30年8月までのセレナ(e-POWER非搭載車)でアランドビューモニターをナビに表示する方法をご紹介します。

これには市販されているアダプターを用います。

セレナC27用リアカメラ接続アダプター

リアカメラ接続アダプター RCA075N
出典:DataSystemサイト

DataSystem C27セレナ用リアカメラ接続アダプター「RCA075N」

これを使えば「R」にシフトを入れたとき、メーターに表示される映像がそのままナビにも表示されるようになります。

これを取り付ければいいだけです。価格もお求めやすい。

DataSystemでは純正ナビ用だけでなく、社外ナビ用の製品もリリースされています。

購入の際はしっかりと「適合表」を確認しましょう。

オプション製品でリバース以外でもナビ表示可能に

アラウンドビューモニターはシフトを『R(リバース)』に入れたときに表示される仕組みになっています。

しかし、前向き駐車など前進するときにアラウンドビューを確認したいときもあるでしょう。

そんなニーズに応えるDataSystemのオプション製品もあります。

DataSystemアラウンドビューモニターアダプター

これはあくまでオプションなのでそれ単体では不可能です。

リアカメラ接続アダプターに加えてオプション製品も一緒に取り付ける必要があります。

ナビの取り外し・取り付けに関する関連記事があります。

取り付け方法

取り付けにはディーラー・カー用品店を利用するのがいいでしょう。

一方であまり知られていないかもしれませんが、こんな方法もあります。

それはAmazonのカー用品取り付けサービスです。

対象の商品をAmazonで購入すれば取り付けサービスも一緒に利用できるのです。

スポンサーリンク

セレナのアラウンドビューモニターはどんな仕組みか

ここで改めてアラウンドビューモニターの仕組みについてふりかえっておきましょう。

空から見下ろしているような視点

メーター内ディスプレイ
出典:日産セレナサイト

アラウンドビューモニターはクルマを真上から見ているかのような映像を写し出します。

車両の前後・左右4つのカメラが撮影した映像を処理することで実現しています。

これで車体の大きなセレナの駐車もスムーズにできるようになります。

ちなみに、駐車にはステアリングを自動制御するインテリジェントパーキングアシストもあります。

移動物が近づくと知らせてくれる

アラウンドビューモニターには移動物検知機能もついています。

セレナのまわりを歩いている子どもやお年寄り、自転車など移動しているものを検知。

ディスプレイに表示するとともにブザーでドライバーに注意を促してくれます。

日産オリジナルナビ取付パッケージ+ナビ

日産オリジナルナビ取付パッケージ
出典:日産セレナサイト

アラウンドビューモニターをナビ表示するには、当たり前ですがナビが必要です。

「日産オリジナルナビ取付パッケージ」+「日産オリジナルナビゲーション」を装着します。

ただし、社外品でもアラウンドビュー モニター対応のものがあり、次のナビがおすすめです。

スポンサーリンク

アラウンドビューモニターを表示できるセレナの社外ナビ

アラウンドビューモニターのナビ表示に対応したセレナ専用の社外ナビで、おすすめをご紹介します。

アルパインのX11シリーズです。

アラウンドビューモニターに対応


出典:アルパインサイト

アルパインX11シリーズはセレナ史上最大となる11型の大型ディスプレイを備えています。

この大画面にアラウンドビューモニターの画像を映し出すことができるのです。

周囲の安全もこれでもっとはっきり確認できます。

セレナ専用の美しいデザイン


出典:アルパインサイト

アルパインのナビはセレナ専用設計なのでセレナのデザインとのフィット感が抜群。

セレナのコックピットに圧倒的な存在感をもたらします。

ラインナップと価格

アルパインX11シリーズでアラウンドビューモニターに対応しているものは次の2つがあります。

ビッグX11 EX11Z-SE-AM
ビッグX11 EX11Z-SE-E-AM

前者がe-POWER非搭載車専用、後者がe-POWER専用です。

価格は30万円弱ですが、Amazonなら21万円前後で取り扱っていることもあります。

アルパインナビの詳細はこちらの記事で。

セレナのアラウンドビューモニターをナビに表示する方法のまとめ

セレナでe-POWER非搭載車は販売時期によってアラウンドビューモニターのナビ表示ができるものとできないものがあります。

2018年9月以降に販売されたものであればナビ表示が可能。

それ以前のe-POWER非搭載車はナビ表示ができるようになっていません。

このセレナでナビ表示をするには次のアイテムを利用します。

DataSystem C27セレナ用リアカメラ接続アダプター「RCA075N」

DataSystemは、オプション製品、セレナ純正ナビ用製品、社外ナビ用製品などラインナップが豊富なので、購入の際は必ず「適合表」をご確認ください。

社外ナビではアラウンドビューモニター対応のアルパインビッグX11シリーズがおすすめです。

11型という大画面にアラウンドビューモニターを表示させることができるので、視認性は言うことなしです。

セレナ専用設計なのでデザインも美しい。おすすめナビです。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

セレナが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

 

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

 

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々セレナについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

 

一括査定サイトを使うことで、全国100社以上があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

スポンサーリンク