MENU

スポンサーリンク



スポンサーリンク



<<【簡単10分】セレナに乗り換える

セレナC27の車中泊向きシートアレンジとは【おすすめグッズ6つあり】

「セレナの車中泊に向いたシートアレンジは?」
「おすすめの車中泊グッズが知りたい」

車中泊の計画はワクワクするものですが、長時間を車内で過ごしても家族や自分が疲れないような対策をしておくことが大切です。

そこで押さえておきたいのが、車中泊向きなシートアレンジの種類段差解消マットなど車中泊をラクにするグッズです。

この記事では以下について説明します。

記事の内容
  • 車中泊に適したシートアレンジ3つ
  • おすすめの車中泊グッズ6つ

せっかくの車中泊を思いきり楽しめるように、この記事の内容を参考にしてください。

「車中泊グッズだけ見たい」という人は、こちらからどうぞ。

目次

セレナC27で車中泊におすすめなシートアレンジは3つ

セレナの車体寸法

セレナのシートアレンジで、車中泊に向いているのは次の3つです。

セレナの車中泊におすすめシートアレンジ3選
  1. 1-2列目フルフラットモード
  2. 2-3列目フルフラットモード
  3. スーパーカーゴモード

これらについて詳しく解説していきます。

ちなみに、セレナの室内空間は以下のとおりなので、押さえておいて下さいね。

  • 室内長:3240mm
  • 室内幅:1545mm
  • 室内高:1400mm

室内の長さが3m以上と、1列目を除いても2m以上はあるので、背の高いパパやママでも十分に寝転べます。

セレナの車中泊向けシートアレンジ①【1-2列目フルフラットモード】

セレナのシートアレンジ:1-2列目フルフラットモード

1つ目にご紹介するのが、1-2列目フルフラットモード。

このシートアレンジにするには、(ヘッドレストを外して)1列目シートを完全にリクライニングさせ、2列目シートの座面部までもってきます。

1-2列目フルフラットモードのメリット

1-2列目フルフラットモードのメリットは、セッティングが簡単なこと。

1列目シートのヘッドレストを外し、そして背もたれを倒すだけなので、一瞬でセッティング可能です。

このシートアレンジは、どちらかというと家族での車中泊より、単身での車中泊や、サービスエリアでの小休憩に適しているでしょう。

1-2列目フルフラットモードのデメリット

1-2列目フルフラットモードのデメリットは、くつろげる空間が狭いことです。

このシートアレンジにしたときの、1列目〜2列目シート全長が約165㎝です。

165㎝というのは、成人男性には少し窮屈と感じられるかもしれません。

2列目シートは、リクライニングさせていくと3列目シートの座面部と重なってしまうため、完全に倒すことはできないのですね。

セレナの車中泊向けシートアレンジ②【2-3列目フルフラットモード】

セレナのシートアレンジ:2-3列目フルフラットモード

2つ目のシートアレンジが、2-3列目フルフラットモードです。

2列目シートのヘッドレストを外し、3列目シートに密着させるまでリクライニングさせることでセッティングします。

2-3列目フルフラットモードのメリット

2-3列目フルフラットモードのメリットは、居住空間が広くとれること。

このシートアレンジをしたとき、シートの全長が200㎝超のサイズとなります。

4人家族で車中泊するにも、十分耐えうるキャパシティです。

2-3列目フルフラットモードのデメリット

2-3列目フルフラットモードのデメリットが、2つあります。

ママやお子さんから不満がもれないよう、要チェックです。

シート間に段差ができる

このシートアレンジでは、フルフラットとは言いつつも、座面と背もたれの境界部分で段差ができてしまいます。

これでは横になっていると体に負担がかかり、腰が痛くなりそうです。

でも、ご安心ください。

段差を解消してくれるマットがあるので、これで完全なフルフラット状態を作れます。

この商品はロングセラーですぐに売り切れたり、通常より高く出品されたりしがちなので、気になる人はお早めに。

e-POWER搭載車は2列目に隙間ができる

セレナのe-POWER搭載車は、独立キャプテンシート仕様です。

そのため左右の2列目シート間に溝ができてしまいます。

横スライドで左右シートを寄せることはできますが、アームレストがあるため完全には密着しないのですよね。

こちらの記事でe-POWER車の2列目シートについて詳しく解説しています。

seat

一方で、e-POWERを搭載していない、S-ハイブリッド車・ガソリン車なら、溝がキレイに埋まります。

S-ハイブリッド車・ガソリン車では、2列目のシート間にスマートマルチセンターシートがあるからです。

なので、車中泊という観点では、e-POWERを搭載していないセレナの方が適していると言えます。

「じゃあ、e-POWER搭載車の場合は、どうしたらいいの?」

と思いますよね。大丈夫です。

後に紹介するセレナ専用ベッドキットを利用すれば、2列目シートの溝問題もクリアすることができます。

セレナの車中泊向けシートアレンジ③【スーパーカーゴモード】

セレナのシートアレンジ:スーパーカーゴモード

最後に紹介する車中泊用シートアレンジが、スーパーカーゴモードです。

3列目シートを跳ねあげ、1列目・2列目シートを前方へスライドさせることで設定できます。

このときクルマ後方に生まれるスペースが約177㎝。

サイズ的には、1-2列目フルフラットモードと2-3列目フルフラットモードの中間になります。

スーパーカーゴモードのメリット

スーパーカーゴモードのいいところは、床が完全にフラットになることです。

荷室をそのまま床にするため、天井の高さも確保でき、圧迫感もかなり減ります。

高さは約120㎝にもなります。

家族での車中泊にも、向いていると言えるシートアレンジです。

スーパーカーゴモードのデメリット

スーパーカーゴモードのデメリットは、荷室スペースが少なくなることです。

他のシートアレンジではラゲッジルームを荷室として使えますが、スーパーカーゴモードでは、ここを居住空間とするため、どうしても荷物の置き場が少なくなってしまいます。

利用できる収納スペースは、ラゲッジルームの床下やフロントシート周りのみとなるので、家族全員分の荷物を置いておくには若干物足りなさがあるかもしれません。

以上、3つのシートアレンジのなかで、家族での車中泊にベストなのは、2-3列目フルフラットモードと言えます。

このシートアレンジなら、居住空間として全長200mm以上を確保でき、ゆったりとしてストレスのない車中泊が実現できるからです。

ただ、シートに段差ができるデメリットがあったので、そこだけクリアすれば完璧です。

セレナの車中泊おすすめグッズ6選

車中泊はワクワクするものですが、長時間を過ごすとなると、身体に負担がかからないよう工夫する必要があります。

車中泊をして楽しむどころか、疲れが溜まってしまっては本末転倒です。

そこで、おすすめなのが以下の車中泊グッズ。

これらのグッズがあれば、車中泊がグッと快適になりますよ。

セレナ車中泊おすすめグッズ① 段差解消シート

2-3列目フルフラットモードで問題になったのが、シート間の段差です。

この段差をなくして完全なフラットを実現してくれるのが「新型セレナC27系 段差解消シート くるマット」です。

シンプルなアイテムですが、これはあるのとないのとでは大違い。

日本製で安心感がありますよね。

デザインは以下の3種類です。

  • クールなブラック
  • かわいいブラウン×ホワイトのドット
  • ナチュラルなチェック

男女ともにお好みのデザインが選べそうですね。

段差にジャストフィットしてくれるので、横になればすぐに眠れそうです。

洗濯もできるので、ずっと清潔を保てるのも嬉しいところです。

5年間経っても正常に使用できるとのこと。

使わないときは、手がるに持ち運べますし、収納にも困らないでしょう。

取り付けも簡単。置くだけです。

楽天ではカー用品ランキング各部門で1位を独占し、累計3万個売れています。

セレナは人気車種なので、お求めやすい価格のものはすぐになくなる可能性があります。

安いものが残っていれば、お早めの購入が吉。

セレナ車中泊おすすめグッズ② エアマット


手がるで低価格にシートをフラットにするには、エアマットがおすすめ。

さっきのくるマットも併用すれば、さらにフラットに。

付属の電動ポンプを使えば、わずか3~5分でベッドが完成するので手間いらず。

使用後は空気を抜いてコンパクトにすれば、置き場所にも困りません。ちゃんと収納袋もついています。

セレナ車中泊おすすめグッズ③ ベッドキット

本格的な車中泊にはベッドキットです。

「新型セレナC27専用ベッドキット」

ベッドキットがあれば、本格的な車中泊体験を味わうことができるでしょう。

「フレーム+ベッドマット」からなるこのアイテムは、車体に穴を開けることなく、加工なしで設置できます。

全長が197㎝、幅が132㎝とセレナC27にベストマッチ。

寝心地は最上級レベル。

レザーなので見た目にも高級感があります。

ベッドキットは本当に大人気で、すぐ売り切れてしまいがち。

下のリンク先に商品が表示されていれば、チャンスです。

セレナ車中泊おすすめグッズ④ サイドカーテン

車中泊をするならカーテンは必須です。

日産純正のものもありますが、こちらはお高め。

純正のものはフロントガラス用カーテンが約2万円、他のガラス用が約6万円もします。

そこで、おすすめは社外品のカーテンです。もっとお求めやすい価格で手に入れられます。

セレナのおすすめカーテンは、「Levolva C27系セレナ専用サイドカーテンセット」です。

Levolvaのカーテンは高級感があり、セレナに上質な雰囲気をプラスしてくれます。

車中泊目的でなくとも、欲しくなるグッズです。

ご購入の際は、セレナ「C27」用であること、カーテン「セット」商品か否かを確認してください。

セレナ車中泊おすすめグッズ⑤ サンシェード

同じくLevolvaから、こちらはフロントガラス用サンシェードです。

「Levolva C27系セレナ専用サンシェード」

カーテンを購入するなら、合わせてサンシェードもそろえたいですね。

夏の日差しもカットできます。

セレナ車中泊おすすめグッズ⑥ ラゲッジネット

車中泊グッズのベースを押さえたら、次は収納まわりも忘れずに。

「セレナ マルチラゲッジネット」がおすすめです。

天井にネットをはり、収納スペースとして利用するというのはおもしろい発想ですよね。

軽いものならここに収納できますし、何よりお子さんの喜ぶ姿が目に浮かびます。

まとめ:車中泊グッズでセレナC27の車中泊をアップグレードしよう

セレナC27の車中泊に最適なシートアレンジは、2-3列目フルフラットモードです。

このシートアレンジで、全長200㎝超えの空間を作り出すことができます。

ただ注意点として、シート間に段差ができること、e-POWER搭載車では2列目シート間に溝が生まれることがあります。

この問題を車中泊グッズでクリアしましょう。

簡単に取り入れられるのが段差解消シート

低価格でも導入できるのはエアマット。

本格派にはセレナ専用ベッドキットです。

車中泊には目隠しも必須です。

サイドカーテンサンシェードで視線をカットできます。

収納力アップには、ラゲッジネットがおすすめ。

ここで紹介したグッズ以外にも、車中泊には充電器・ランタンなどがあるといいですね。

夏にはクーラーボックス・扇風機、冬は毛布などもあればいいでしょう。

せっかく車中泊するなら、快適グッズまでそろえ、思い出に残るひとときにしたいですね。

目次