新型セレナ(C27)のサイズ・乗降性の特徴を他車と比較すると?

他車比較

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大100社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

セレナはe-POWERへの注目もさることながら、室内空間の広さや充実したアクセサリー類への期待も非常に高いですね。

その居住空間をサイズ面から数字で裏付けていきます。

ヴォクシー・ステップワゴンとも比較しましょう。

乗降性にもフォーカス。

背の低い子どもや足腰が丈夫でないお年寄りでも乗り降りしやすいのか。

ファミリーユースにはそのような視点が不可欠です。

スポンサーリンク

新型セレナと旧型セレナのサイズ比較

現行の新型セレナはC27型。

この1つ前の世代である旧型セレナ(C26型)からサイズに変化はあったのでしょうか。

新型セレナと旧型セレナの車体寸法


出典:http://history.nissan.co.jp/SERENA/C26/1011/index.html

旧型セレナの車体寸法がこちら。グレードはハイウェイスター系で、単位はmm。

旧型セレナの車体寸法
全長:4770
全幅:1735
全高:1875

これが旧型セレナの車体(外側)のサイズになります。

次は新型セレナ。


出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

グレードはハイウェイスターVⅡセレクション。

新型セレナの車体寸法
全長:4770
全幅:1740
全高:1865

旧型と比較したところ、サイズ的にほとんど変化はありません。

細かくみるなら、新型と旧型は全長が同じ。新型では全幅が5mm広くなり、全高が10mm低くなっています。

新型セレナは室内サイズがアップ


出典:http://history.nissan.co.jp/SERENA/C26/1011/exterior.html

旧型セレナの室内寸法はこちら。

旧型セレナの室内寸法
室内長:3060
室内幅:1480
室内高:1380

そして新型セレナがこちら。


出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

新型セレナの室内寸法
室内長:3240
室内幅:1545
室内高:1400

いずれの寸法も新型セレナは旧型を上回っています。

車体そのもののサイズはほぼ変わらないのに新型セレナは室内空間がサイズアップしているのですね。

なんだか不思議な気もしますが、そこは並々ならぬ企業努力の賜物なのでしょうね。

セレナC26前期・後期の違いに関する別記事があります。

この新型セレナをベースにヴォクシー・ステップワゴンと比較します。

スポンサーリンク

新型セレナとヴォクシー・ステップワゴンのサイズ比較

トヨタ ヴォクシーは2018年上半期ミドルサイズミニバン売上ランキングでセレナに次ぐ2位。セレナの最強ライバルです。

ホンダ ステップワゴンは上半期3位。上位2車種に水をあけられましたが、他にはない魅力も秘めています。

この2車種をサイズで見たとき新型セレナとどれだけ違いがあるのでしょう。

ヴォクシーのサイズ


出典:https://toyota.jp/voxy/interior/?padid=ag341_from_voxy_navi_interior

グレードは8人乗りのガソリン車であるヴォクシーZSから。

車体寸法がこちら。

ヴォクシーの車体寸法
室内長:4710
室内幅:1735
室内高:1825

室内寸法です。

ヴォクシーの室内寸法
室内長:2930
室内幅:1540
室内高:1400

特に室内空間について注目したいのですが、新型セレナと比較するとどういうことが言えるでしょうか。

室内高セレナもヴォクシーも1400mm。

一方、室内長が310mm、室内幅が5mmだけ、セレナに軍配が上がります。

室内長が約30㎝長くなることで、足元空間が広くなったり、シートをスライドさせたときにも余裕が生まれるとすれば、十分有意な差であると言えます。

ステップワゴンのサイズ

室内サイズ
出典:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

グレードはガソリン車のステップワゴンスパーダから。

車体寸法がこちら。

ステップワゴンの車体寸法
室内長:4760
室内幅:1695
室内高:1840

室内寸法。

ステップワゴンの室内寸法
室内長:3220
室内幅:1500
室内高:1425

ここでも室内空間に注目です。

室内高ではステップワゴンが25mm優っている一方、室内長では20mm、室内幅では45mm、セレナが大きいです。

そんなに大きな差というわけではないでしょうか。

室内高はステップワゴンが3車種中トップです。

天井が高いと心理的に広々と感じるものですし、背の高い人でも窮屈に感じないでしょう。

ステップワゴンのサイズを歴代比較&ヴォクシー・セレナ比較した記事があります。

新型セレナはミニバントップクラスのサイズ

新型セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンとそのサイズはそれほど大きな違いはないものの、数字で「上」「下」と表すことができます。

実用的な差異はほとんどないかもしれませんが、数字で比較すると印象は大きく左右されます。

サイズ比較の結果
室内長トップ:セレナ(3240mm)
室内幅トップ:セレナ(1545mm)
室内高トップ:ステップワゴン(1425mm)

ミドルサイズミニバン3車種の室内サイズ比較はこのような結果となりました。

「セレナが最も広大空間を有している」

こう結論づけることが可能です。

では次に、各車種の「乗降性」について、サイズとともにみていきます。

新型セレナのサイズ比較と乗降性

新型セレナは車への乗り降りがしやすいのか。

ファミリー向け用途が想定されているジャンルなだけに、子どもからお年寄りまで様々な年齢層の方を乗せることになるのがミニバン。

乗降性は見逃せないポイントの一つです。

具体的なステップのサイズとともに、乗り込むときと降りるときに分けてみていきます。

ヴォクシー・ステップワゴンとも比較。

新型セレナのステップ高

3列目シートへ、らくらく。3列目シートから、らくらく。

車に乗り込むときネックになるのが床の高さです。

近年はミニバンの低床化が進められていますが、その地上から床までの高さ=ステップ高はどうなっているでしょう。

新型セレナのスライドドア部は2ステップフロアとなっており、1段目のステップ高が390mmです。

2段目=フロアまでが1段目から90mm高い480mm。

ヴォクシー・ステップワゴンはどうなっているでしょうか。

ヴォクシーのステップ高


出典:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space01#

ヴォクシーでは360mm。スライドドア部・運転席ともにこのサイズです。

セレナのような2ステップではなく、フラットな床になっています。

セレナ・ヴォクシー比較の関連記事があります。

ステップワゴンのステップ高

ステップ高
出典:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

ステップワゴンではステップ高が390mm。

ステップワゴン、ヴォクシーではフロアが車体前方から後方にかけて斜めに傾斜しているので最も低い、前方側がそのサイズになります。

セレナ・ステップワゴン比較に関する別の記事があります。

乗降性はヴォクシーが優秀

最も低床化されているのがヴォクシーです。

乗車性という観点では、一般的に低床化されている方が様々な年齢層にとって優しいと言えるでしょう。

ステップワゴン・ヴォクシーでは、背の低い子ども用にグリップまでつけられます。

この点に限った乗車性に関しては、新型セレナよりステップワゴン、そして最も低床化されたヴォクシーの方が優秀と言えますね。

では今度は車から降りるときについて考えてみます。

新型セレナの降車性

車から降りるときも、乗り込むときと同じでより低床化されている方が有利と考えるのが自然でしょう。

新型セレナはステップ高がヴォクシー・ステップワゴンより高くて、それだけ乗り降りに負担を伴いやすいです。

ただ、新型セレナにはある工夫があって、そのために降車性を飛躍的に高めているのです。

サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ

新型セレナにはサードシート用助手席側オートスライドドアスイッチがついています。

長いネーミングですが、要するにサードシートの助手席側に、スライドドアを開けるためのスイッチがあります。

これでサードシートに座っていた人が降車するときに自分自身でスイッチを押し、スライドドアを開けることができます。

周りの人にドアを開けてもらうよう、いちいち頼む必要はありません。

新型セレナではこのスイッチ以外に、もう一つ降車性を高めるものがあります。

これは、実は同時に乗車性を高めるものでもあります。

横スライド

2列目シートの横スライド

新型セレナではセカンドシートの横スライド機能があり、シートを中央に寄せればサードシートへの通り道がかなり広くなります。

大人でもスッと乗り降りできるほどの空間が生まれます。

ヴォクシーでも7人乗りでは横スライドができますが、8人乗りではできません。

ステップワゴンではそもそも横スライドはできません。

新型セレナでは7人・8人どちらでもできますし、スライド幅も大きい。

ちなみにヴォクシー7人乗りの横スライド幅は65mm。

これに対して新型セレナでは

助手席側:105mm
運転席側:210mm

と大幅なスライドが可能になっています。

助手席側の横スライドは新型セレナ全グレードで可能です。

新型セレナe-POWER車の内装・シートについて関連記事があります。

スポンサーリンク

新型セレナのサイズまとめ

新型セレナのファミリーユースへのこだわりを、具体的な数字としてのサイズ面から確認してきました。

新型セレナ(C27)は旧型と比べると車体サイズは同等ながら室内空間が広くなりました。

その室内はヴォクシー・ステップワゴンと比べても広く、室内長(3240mm)・室内幅(1545mm)は新型セレナが3車種中トップです。

快適な乗り心地が期待されますが、乗降性に関してはどうか。

ステップの高さという点でみれば、新型セレナはヴォクシー・ステップワゴンより高く、特に最も低床化(360mm)されたヴォクシーがリードする形です。

390mmとの差はわずか30mmですが、これは子どもやお年寄りには大きな差となりえます。

一方降車性では、サードシート用のオートスライドドアスイッチで周りの同乗者に気を使うことなく自分でドアを開けられる工夫をした新型セレナが先をいきます。

横スライドも十分なスライド幅(助手席側:105mm 運転席側:210mm)ですし、これは同時に乗車性をも高めます。

降車性については、セレナ優位と言っていいのではないでしょうか。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

セレナが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

 

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

 

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々セレナについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

 

一括査定サイトを使うことで、全国100社以上があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

スポンサーリンク