新型セレナ(C27)のサイズ・乗降性の特徴を他車と比較すると?

シートアレンジ・内装

新型セレナは、室内空間の広さや充実した室内アクセサリーへの期待も高いですよね。

そこで、この記事では以下の内容で解説します。

  • 旧型セレナ(C26)・新型セレナ(C27)のサイズ比較
  • セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンのサイズ比較
  • セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンの乗降性比較

では、セレナのサイズについて、具体的な数字を示しながら、お伝えしていきます。

旧型セレナ(C26)と新型セレナ(C27)のサイズ比較

現行の新型セレナは、C27型です。

この1つ前の世代である旧型セレナ(C26型)から、サイズに変化はあったのでしょうか。

旧型セレナと新型セレナの車体寸法


出典:http://history.nissan.co.jp/SERENA/C26/1011/index.html

旧型セレナの車体寸法がこちら。グレードはハイウェイスター系で、単位はmm。

旧型セレナの車体寸法
全長:4770
全幅:1735
全高:1875

これが旧型セレナの車体(外側)のサイズになります。

次は新型セレナ。


出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

グレードは、ハイウェイスターVⅡセレクション。

新型セレナの車体寸法
全長:4770
全幅:1740
全高:1865

旧型と比較したところ、車自体のサイズには、ほとんど変化はありません。

細かくみるなら、旧型と新型では、全長が同じ。

新型では全幅が5mm広くなり、全高が10mm低くなっているのみで、大きな変化と言える程度ではありません。

新型セレナは室内寸法がサイズアップ


出典:http://history.nissan.co.jp/SERENA/C26/1011/exterior.html

今度は、居住空間として車の内側である、室内寸法を比較します。

旧型セレナの室内寸法が、こちら。

旧型セレナの室内寸法
室内長:3060
室内幅:1480
室内高:1380

次に新型セレナが、こちら。


出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

新型セレナの室内寸法
室内長:3240
室内幅:1545
室内高:1400

いずれの寸法も、新型セレナは旧型を上回っていることがわかります。

車体そのもののサイズはほぼ変わらないのに、新型セレナは室内空間がサイズアップしているのですね。

セレナの室内空間を最大限活かせるのが、車中泊です。

こちらのセレナ車中泊記事では、車中泊におすすめのシートアレンジ&グッズ6つをご紹介していますので、ぜひご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

新型セレナとヴォクシー・ステップワゴンのサイズ比較

トヨタ・ヴォクシーは、2018年上半期ミドルサイズミニバン売上ランキングでセレナに次ぐ2位。

セレナ最強ライバルです。

ホンダ ステップワゴンは上半期3位。

上位2車種には水をあけられましたが、他にはない魅力も秘めています。

これらミニバン人気3車種のサイズを比較してみましょう。

ヴォクシーのサイズ(車体寸法・室内寸法)


出典:https://toyota.jp/voxy/interior/?padid=ag341_from_voxy_navi_interior

ヴォクシーのグレードは、8人乗りのガソリン車であるヴォクシーZSから。

車体寸法がこちらです。

ヴォクシーの車体寸法
室内長:4710
室内幅:1735
室内高:1825

室内寸法がこちら。

ヴォクシーの室内寸法
室内長:2930
室内幅:1540
室内高:1400

注目したいのが、室内空間です。

室内高はセレナもヴォクシーも同じく1400mm、室内幅はセレナが5mm大きいだけで、これらに大差ありません。

一方、室内長は310mm=約30cmの差があります。

セレナのほうが室内長が30cmほど、大きい。

シートをスライドさせたとき30cmの余裕が生まれるとすれば、かなり広く感じるはずなので、これは十分有意な差であると言えますよね。

ステップワゴンのサイズ(車体寸法・室内寸法)

室内サイズ
出典:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

ステップワゴンのグレードは、ガソリン車のステップワゴンスパーダから。

車体寸法がこちらです。

ステップワゴンの車体寸法
室内長:4760
室内幅:1695
室内高:1840

室内寸法がこちら。

ステップワゴンの室内寸法
室内長:3220
室内幅:1500
室内高:1425

ここでも室内空間に注目します。

室内高が1425mmと、3車種中トップです。

数字上は大きな差ではありませんが、天井が高いと心理的に広々と感じるものですし、人によっては意外と嬉しいポイントかもしれません。

新型セレナはミニバントップクラスのサイズ

新型セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンと、そのサイズに大差はないものの、数字のうえでは明確に順位がつきます。

サイズ比較の結果
室内長トップ:セレナ(3240mm)
室内幅トップ:セレナ(1545mm)
室内高トップ:ステップワゴン(1425mm)

ミドルサイズミニバン3車種の室内サイズ比較は、上記のような結果となりました。

「セレナが最も広大空間を有している」

こう結論づけることが可能です。

では次に、各車種の「乗降性」について、サイズとともにみていきます。

スポンサーリンク

新型セレナのサイズ比較と乗降性

新型セレナは車への乗り降りがしやすいのか。

ファミリー向け用途が想定されているジャンルなだけに、子どもからお年寄りまで様々な年齢層の方を乗せることになるのがミニバン。

乗降性は見逃せないポイントの一つです。

新型セレナのステップ高

3列目シートへ、らくらく。3列目シートから、らくらく。

近年はミニバンの低床化が進められていますが、床が低いほど子どもやお年寄りでも乗り降りしやすいですよね。

地上から車の床までの高さを、「ステップ高」といいます。

新型セレナのスライドドア部は2ステップフロアとなっており、それぞれのステップ高が以下のようなサイズになっています。

  • 1段目のステップ高:390mm
  • 2段目のステップ高:480mm

では、ヴォクシー・ステップワゴンのステップ高は、どうなっているでしょうか。

ヴォクシーのステップ高


出典:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space01#

ヴォクシーのステップ高は、360mm。

スライドドア部・運転席ともに、このサイズです。

セレナの1段目ステップに比べると、30mm=3cm低いことがわかります。

ステップワゴンのステップ高

ステップ高
出典:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

ステップワゴンのステップ高は、390mm。

ステップワゴン、ヴォクシーでは、床(フロア)が車体前方から後方にかけて斜めに傾斜しています。

ステップ高は最も低い、前方側のサイズになります。

セレナ・ステップワゴン比較に関する別の記事があります。

乗降性はヴォクシーが優秀

フロア高を比較すると、最も低床化されているのが、ヴォクシーであることがわかりました。

ヴォクシーは、背の低い子ども用にグリップまでつけられます(これはステップワゴンも)。

乗車性では、ヴォクシーが一歩リードしていると言えそうです。


「セレナは、ステップの材質がおどろくほど滑りやすい」

なかには、こんな意見も見られます。

子どもやお年寄りを乗せる人は、車から降りるときに滑って転倒しないよう、以下のようなステップカバーを滑り止めとして使用するのがおすすめです。

ミニバンは、同乗者が車から降りるときの安全性も確保したいですよね。

次は、セレナの降車性に注目です。

新型セレナの降車性

車から降りるときも、乗り込むときと同じでより低床化されている方が有利と考えるのが自然でしょう。

新型セレナはステップ高がヴォクシー・ステップワゴンより高くて、それだけ乗り降りに負担を伴いやすいです。

ただ、新型セレナにはある工夫があって、そのために降車性を飛躍的に高めているのです。

サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ

新型セレナにはサードシート用助手席側オートスライドドアスイッチがついています。

長いネーミングですが、要するにサードシートの助手席側に、スライドドアを開けるためのスイッチがあります。

これでサードシートに座っていた人が降車するときに自分自身でスイッチを押し、スライドドアを開けることができます。

周りの人にドアを開けてもらうよう、いちいち頼む必要はありません。

新型セレナではこのスイッチ以外に、もう一つ降車性を高めるものがあります。

これは、実は同時に乗車性を高めるものでもあります。

横スライド

2列目シートの横スライド

新型セレナではセカンドシートの横スライド機能があり、シートを中央に寄せればサードシートへの通り道がかなり広くなります。

大人でもスッと乗り降りできるほどの空間が生まれます。

ヴォクシーでも7人乗りでは横スライドができますが、8人乗りではできません。

ステップワゴンではそもそも横スライドはできません。

新型セレナでは7人・8人どちらでもできますし、スライド幅も大きい。

ちなみにヴォクシー7人乗りの横スライド幅は65mm。

これに対して新型セレナでは

助手席側:105mm
運転席側:210mm

と大幅なスライドが可能になっています。

助手席側の横スライドは新型セレナ全グレードで可能です。

新型セレナe-POWER車の内装・シートについて関連記事があります。

スポンサーリンク

新型セレナのサイズまとめ

新型セレナのファミリーユースへのこだわりを、具体的な数字としてのサイズ面から確認してきました。

新型セレナ(C27)は旧型と比べると車体サイズは同等ながら室内空間が広くなりました。

その室内はヴォクシー・ステップワゴンと比べても広く、室内長(3240mm)・室内幅(1545mm)は新型セレナが3車種中トップです。

快適な乗り心地が期待されますが、乗降性に関してはどうか。

ステップの高さという点でみれば、新型セレナはヴォクシー・ステップワゴンより高く、特に最も低床化(360mm)されたヴォクシーがリードする形です。

390mmとの差はわずか30mmですが、これは子どもやお年寄りには大きな差となりえます。

一方降車性では、サードシート用のオートスライドドアスイッチで周りの同乗者に気を使うことなく自分でドアを開けられる工夫をした新型セレナが先をいきます。

横スライドも十分なスライド幅(助手席側:105mm 運転席側:210mm)ですし、これは同時に乗車性をも高めます。

降車性については、セレナ優位と言っていいのではないでしょうか。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

さて、こんな魅力的な日産セレナですが、少しでもお安く購入したいですよね。

これからご紹介するセレナ値引きの3つの裏技は、他のブログではあまり書かれていません。

ですが、かなり簡単に、しかも大幅な値引きを実現できます。

文章は長いですが、ゆっくりと読み進めてくださいね。

 

まず知ってほしいのが、ディーラーの自動車下取り価格はボッタクリという事実です。

セレナを購入する際には、あなたのマイカーを絶対にディーラーに出してはいけません。

ディーラーの仕事は、以下のどちらでしょう?

  • 新車を売る
  • 下取りをする

そう、ディーラーの仕事は「新車を売る」ことですよね。

これを念頭におきつつ、読み進めてください。

それでは、3ステップで解説していきます。

ステップ1:新車見積もりをする

セレナを購入するとき、日産販売店を1軒1軒まわっていませんか?

多くのディーラーをまわるのは、時間がかかるし、骨が折れますよね。

ライバル車であるヴォクシーやステップワゴンなどの見積もりをとるのも、ひと苦労です。

 

そこで、在宅で複数ディーラーからセレナの新車見積もりができる、MOTAを紹介します。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



MOTAではオンライン上で見積もりができるので、わざわざライバル車の見積もりをとりに行くため、貴重な時間をつぶす必要はありません。

言葉巧みなディーラーとの会話を避けることもできます。

このサイト利用すれば、簡単に複数ディーラーからセレナの値引き額を知ることができますよ。

これでMOTAからの見積書を利用し、有利に価格交渉を始められるようになります。

ステップ2:一括車買取査定をする

ステップ2で利用するのは、無料の一括車買取査定サイトです。

一括車買取査定サイトは1社のみからの査定というところもありますが、ここで使用するのは複数の買い取り業者から査定をだしてもらうサイトです。

1社の査定では言い値から値上がりする可能性は低いですが、数社を競わせることで思いもよらない価格に跳ね上がることもあります。

 

この業界では後出しじゃんけんの法則というものがあり、他社より1円でも高い買取価格を提示するという習慣があるので、複数の買い取り業者から買取の見積もりをとることが重要です。

一括車買取査定サイトで査定の見積もりを出してもらい、マイカーの買取価格を把握しておきましょう。

そこで、より高い買い取り価格を引き出すために、優良サイトをご紹介します。

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】



MOTA車買取のメリットは、次の3つ。

  • しつこい営業電話はナシ
  • 査定額が出るまでネットで完結
  • 最大20社比較で高く売れる

MOTA車買取なら、高額査定の会社が事前に分かるのに加え、連絡があるのは高額査定の(最大)3社のみ。よくある営業電話の嵐に巻き込まれる心配は、ありません。

査定が終わると、高い査定額を提示してくれた3社から電話がくるので、実際に現物のマイカーを確認しにきてもらいましょう。

しかし、ここではまだ、実際に買い取りを決定してはいけません。

「ディーラーで新車を契約してから」などと言って、とりあえずはその日はお引きとり願いましょう。

今回の目的は、マイカーの買取額を把握しておくことであり、それが新車の大幅な値引きを実現するための重要なポイントになるからです。

ステップ3:ディーラーで値引き交渉をする

このステップ3が、1番キモとなるところです。

ステップ1で行った、MOTA新車見積もりの結果をディーラーに提示した上で、セレナを新車で買うときの見積もりを出してもらいます。

見積もりを出してもらうとき、「下取りあり」と「下取りなし」の見積もりを選ぶことになりますが、必ず下取りありの見積もりを出してもらいましょう。

 

あなたが持っていったMOTA新車見積もりの結果をみたディーラーは、MOTAの値引き額よりさらに安くなった見積もりを提示してくるはずです。

しかし、そこで「よかった、よかった」と満足してはいけません。

実際は、値引きなどまったく、されてはいないのです。

 

ここで、ディーラーは値引き充当というテクニックを使ってきます。

値引き充当という言葉を知っていますか?

聞き慣れない言葉かと思いますが、説明しますね。

値引き充当とは、値引き額を高くするかわりに下取り価格を安くして、大幅な値引きをしたように見せかけるテクニックです。

 

具体的に、説明しますね。

最初に提示された値引額が、10万円だとします。

200万円 − 値引額10万円 − 下取り価格40万円 = 150万円

これが値引き充当を使って、値引き額を20万円にした場合、

200万円 − 値引額20万円 − 下取り価格30万円150万円

後者ではたしかに値引額が10万円→20万円と上がっていますが、その代わりに下取り価格が下がっていますよね。

だから、どちらも結果は150万円と同じなのです。

つまり、値引額が大きくなっているのは見せかけだけで、実は下取り価格を下げる操作を裏で行っています。

これが値引充当というテクニックです。

 

ディーラーは、最初の下取り価格をあなたには伝えていませんので、普通の人は値引き充当をされていることには気がつきませんよね。

しかし、あなたはステップ2(MOTA一括車買取査定)で、ご自身の車が買取業者ではいくらで買い取ってもらえるかを知っています。

ディーラーがあなたのマイカーを、どれだけ安く買い取ろうとしているのかがわかるわけです。

そのため、値引き充当にだまされることはありません。

 

そして、ここからが最重要ポイント。

ディーラーに「その値引き額でいいので、下取りは無しにしてください」と申し出るのです。

どういうことか説明します。

ディーラーは、値引き充当する前提で、大幅な値引き額を提示しました。

ここで、あなたが下取りなしに変更したとしても、ディーラーは客であるあなたに、値引き充当のことなど言えません。

「下取り価格をボッタくるつもりで値引きをしました」とは、口が裂けても言えないのです。

 

もしも、ディーラーに下取り無しに変更した理由を聞かれたら、「大幅に値下げをしてもらったので、今乗っている車は同僚に安く売る」などと言えばいいのです。

今乗っているお車は、ステップ2で事前に査定をしてもらった買取業者で、一番高値を出した業者に買い取ってもらいましょう。

これにより、

  • セレナの大幅な値引き(ディーラー)
  • マイカーの高額な買取(MOTA買取業者)

という2つが同時に実現し、いちばんお得にセレナが購入できるようになります。

これが値引き充当を逆手に取り、大幅な値引きを実現する方法です。

 

それでは、もういちど復習しておきましょう。

ステップ1では、新車見積もりサイトで、セレナの値引額を把握しておきます。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



ステップ2では、一括車買取査定サイトで、あなたのマイカーの下取り価格を調べておきます。

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】



ステップ3では、ディーラーに「下取りあり」で大幅値引きを提示させた後、下取りを撤回し、手順2で一番高額な査定を出した業者に、あなたのマイカーを売却します。

以上が、セレナを最大限お求めやすく購入する3ステップです。

では、あなたが笑ってセレナに乗られている姿を楽しみにしています。

事前準備が9割です。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク