新型セレナハイブリッド4WDの価格や仕組み|他車と比較

4WD

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大100社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

新型セレナ(C27型)には2WDのほか4WDもあります。

e-POWER車の設定はなく、すべてS-ハイブリッドです。

このセレナS-ハイブリッド4WDにはどのような特徴があるでしょうか。

グレード構成と価格について、ヴォクシー・ステップワゴンとの比較も織り交ぜながらご紹介します。

スポンサーリンク

セレナハイブリッド4WDのグレード・価格・燃費

新型セレナはグレードの設定が多くて2WDでは全21種もあります。

4WDは全10種からなるグレード構成。

まずはセレナS-ハイブリッド4WD全グレードの種類と価格を確認しておきましょう。

セレナ4WDのグレード・価格一覧

Vehicle Stage

セレナの4WDはすべてマイルドハイブリッド(S-ハイブリッド)車です。

ここから単に「セレナハイブリッド」と表記しますね。

エンジン・モーターはどれも「MR20DD-SM24」。

トランスミッションは「エクストロニックCVT」。

セレナ4WDのグレード・価格一覧
① X:2,748,600円
② G:3,140,640円
③ ハイウェイスター:2,971,080円
④ XVセレクションⅡ:2,906,280円
⑤ XVセレクションⅡ(防水シート車):2,938,680円
⑥ ハイウェイスターVセレクションⅡ:3,135,240円
⑦ ハイウェイスターVセレクションⅡ(防水シート車):3,167,640円
⑧ AUTECH:3,223,800円
⑨ AUTECH V Package:3,350,160円
⑩ AUTECH Safety Package:3,517,560円

セレナ4WDのグレードで最高値と最安値は?

セレナ4WDグレードでAUTECHをのぞけば最安値

X:2,748,600円

最高値

ハイウェイスターVセレクションⅡ(防水シート車):3,167,640円

です。

ちなみにこれらのグレードは2WDでは

X:2,504,520円
ハイウェイスターVセレクションⅡ(防水シート車):2,907,360円

という価格になります。

4WDと2WDの価格を比較すると、ざっくりと25万円ほど4WDの価格が高くなっていることがわかります。

燃費

e-POWER Drive[Sモード]

セレナハイブリッド4WDのJC08モード燃費は以下のとおりです。

X・ハイウェイスター:15.8㎞/L
その他(AUTECHのぞく):15.0㎞/L

2WDでは

X・ハイウェイスター:17.2㎞/L
その他(AUTECHのぞく):16.6㎞/L

とういふうになります。

1.5㎞/Lほど4WDでは燃費が低くなっています。

セレナ4WDの実燃費に関する口コミ

実燃費はどんなものでしょう。

「価格.com」の、ある口コミ投稿には次のようにあります。

雪道走行では大体10㎞/L以上でている
場合によっては18㎞/Lでたこともある

実燃費は走行する道路状況でかなり左右されますが、雪道で平均10㎞/L以上でるなら優秀な方ではないでしょうか。

次はセレナの競合車ヴォクシー・ステップワゴン4WDのグレード・価格とJC08燃費もご紹介します。

スポンサーリンク

セレナのライバル・ヴォクシーとステップワゴンと比較

ヴォクシーとステップワゴンの4WDはセレナハイブリッドほどグレード構成は多くありません。

ただヴォクシーでは7人乗りと8人乗りの別があります。

価格は乗車定員の少ない7人乗りの方が高く設定されています。

ヴォクシー4WDのグレード・価格一覧

ヴォクシー4WDのグレード・価格はこちら。

価格は前半が7人乗り、後半が8人乗りです。

ヴォクシー4WDのグレード・価格一覧
① ZS”煌”:3,063,960円 / 3,033,720円
② ZS:2,970,000円 / 2,939,760円
③ V:2,991,600円 / 2,961,360円
④ X:2,702,160円 / 2,671,920円

ヴォクシー4WDのグレードで最高値と最安値

最高値がZS”煌”の7人乗りで3,063,960円。

最安値がXの8人乗りで2,671,920円です。

2WD車なら

ZS”煌”(7人):2,869,560円
X(8人):2,466,720円

という価格。

ざっくり言えば20万円ほど4WDが高くなっています。

セレナハイブリッドでも25万円高くなっていましたから、やはりこれくらいは高くなってくるのですね。

ヴォクシー4WDの燃費

ヴォクシーのJC08燃費はXが15.0㎞/L、他は14.8㎞/Lです。

セレナ・ヴォクシー比較の関連記事はこちら。

ステップワゴンのグレード・価格一覧

SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING 特別仕様車 BLACK STYLE ボディーカラーはプラチナホワイト・パール

ステップワゴン4WDのグレード・価格はこちらです。

ステップワゴン4WDのグレード・価格一覧
① B・Honda SENSING:2,715,120円
② G・Honda SENSING:2,898,720円
③ G・EX Honda SENSING:3,078,000円
④ SPADA・Honda SENSING:3,089,880円
⑤ SPADA・Cool Spirit Honda SENSING:3,245,400円

ステップワゴン4WDのグレードで最高値と最安値

ステップワゴンのグレードはすべて7人乗りですが、メーカーオプションの「2列目6:4分割ベンチシート」を装着すれば8人乗りにもできます。

上のなかで最高値SPADA・Cool Spirit Honda SENSINGの3,245,400円。

最安値B・Honda SENSINGで2,715,120円です。

ここでも2WDと比べてみます。

SPADA・Cool Spirit Honda SENSING:3,051,000円
B・Honda SENSING:2,455,920円

これがステップワゴン2WDの価格。

SPADAでは19万円ほど、Bでは26万円ほど4WDが高くなっています。

ステップワゴン4WDの燃費

ステップワゴンのJC08燃費はSPADA系が15.0㎞/L、その他が15.4㎞/Lとなっています。

セレナ・ステップワゴンの関連記事はこちらです。

セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンの4WD比較の結果

セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンともに、4WDでは20〜25万円程度高い価格設定になっていることがわかります。

燃費はセレナがカタログ数値上はいいですが、3車種とも15㎞/L程度です。

次はセレナハイブリッドの「4WD」システムはどのようなものかみていきます。

セレナハイブリッドの4WDシステム

セレナハイブリッドの4WDシステムはどのような仕組みなのでしょう。

4WDシステムにはどんな種類があるのかもあわせてご紹介します。

オートコントロール4WDシステム

オートコントロール4WDシステム

セレナハイブリッドの4WDは「オートコントロール4WD」というシステムを採用しています。

これはFFをベースとしながら、後輪へのトルク伝達にオートトルクコントロール(ACT)カップリングを用います。

何やらムズカシイですが、このシステムによって次のようなメリットがあることを理解していください。

雪道での安定した走行

雪道での発進・雪道の登坂というような前輪がスリップしやすいシーンでは、前輪がスリップしたときそのスリップ量に応じたトルクを後輪に伝達し、安定した走行が可能になります。

乾燥路面での低燃費化

乾燥した路面や高速道路の走行などトルクを必要としないシーンでは、伝達トルクが減少して燃費の向上に寄与します。

小型・軽量

オートコントロール4WDシステムは従来のシステムより小型・軽量化が図られています。

車体の重量もまた燃費の向上にはメリットとなります。

このようなセレナハイブリッドで採用されているオートコントロール4WDはスタンバイ式という種類の4WDシステムになります。

4WDシステムは他にどんなシステムがあるのでしょうか。

4WDシステムはどんな種類があるか


出典:PhotoAC

4WDシステムには大きく分けてフルタイム式、パートタイム式、スタンバイ式があります。

それぞれどのような仕組みになっているのでしょう。

フルタイム式

フルタイム式は文字どおり「常に」4WD(4輪駆動)をする方式です。

センターデフ式とも呼ばれます。

「デフ」は「デファレンシャルギア」です。

この方式は要約すれば、旋回時や前輪と後輪で発生する「回転差」をセンターデフによって均一にするというものです。

エンジンの出力がセンターデフを介して前輪・後輪に均一に配分されます。

パートタイム式

パートタイム式は通常2WD(2輪駆動)で走行し、4WDにしたいときだけレバーやスイッチで切り替える方式です。

この方式では通常の路面を走行するとき不要な燃費の悪化を防ぐため、普段は2WDとして走行できるので車としての使い勝手がよくなっています。

ただ、切り替えが手動になること、センターデフを備えていないことがデメリットとなります。

スタンバイ式

スタンバイ式はパートタイム式を進化させたシステムです。

昨今の4WDシステムの主流であり、セレナハイブリッドが採用しているのもこのスタンバイ式です。

これはパートタイム式と同じく必要なときだけ4WDになります。

これが手動でなく自動化されたものがスタンバイ式です。

オンデマンド式・パッシブ式とも呼ばれます。

手動で2WD・4WDを切り替えるシステムにはトラブルが少なくありませんでしたが、スタンバイ式ならその心配はありません。

必要な時だけ自動で4WD走行になります。

スポンサーリンク

セレナハイブリッド4WDまとめ

セレナハイブリッド4WDはe-POWERの設定はありません。

全10グレードからなり価格はおよそ250万〜290万円。

2WDと比べると25万円ほど高くなっています。

これは4WD全般について言えることで、センターデフやそれに変わるパーツなど2WDより多くの部品が必要になるからです。

セレナハイブリッド4WDのJC08燃費は15.0〜15.8㎞/L。

2WDでは16.6〜17.2㎞/Lで4WDでは少し燃費性能は下がります。

これも4WDではある程度仕方のないことで、パーツが増える分車の重量がより重くなるのでそれが燃費に影響します。

ただ4WDシステムもそのメカニズムがかなりコンパクトになってきたのでひと昔前ほどではありません。

セレナハイブリッドが採用しているオートコントロール4WDシステムもそうで、小型・軽量化により燃費への影響が少なくなるよう設計されています。

セレナの競合車の一つであるヴォクシー4WDの価格はおよそ260万〜300万円。

JC08燃費は14.8〜15.0㎞/L。

もう一つのライバル車ステップワゴン4WDは約270万〜300万円。

JC08燃費は15.0〜15.4㎞/L。

数字の上ではセレナハイブリッドが最も低価格で燃費性能も高いと言えます。

4WDには大きく3つの方式があります。

フルタイム式・パートタイム式・スタンバイ式の3タイプでセレナハイブリッドはスタンバイ式。

これは2輪駆動と4輪駆動がシーンに合わせ自動で切り替わるシステムです。

4WDはメリットばかりでなく2WDより高価格となることや燃費が比較的悪くなることなどデメリットもあります。

しかし、雪国で雪道や凍結した道路を走行する機会が多い人には4WDの安定した走りは必須レベル。

スタンバイ式なら通常走行も可能なので、毎年シーズンになったときだけ雪道走行をする人にもピッタリ。

そんな大きな魅力を秘めているのがセレナハイブリッド4WDです。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

関連記事
新型セレナS-ハイブリッドの実燃費
セレナS-ハイブリッドの仕組み

✳︎画像は出典を表記しているもの以外は日産サイトからの引用

セレナが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

 

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

 

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々セレナについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

 

一括査定サイトを使うことで、全国100社以上があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

スポンサーリンク