セレナe-POWERオーテックの評価【標準セレナとの違いがわかる】

AUTECH

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大100社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

日産のカスタムを手がけるオーテック・ジャパンからセレナe-POWERがリリース。

「セレナe-POWERオーテック」はハイウェイスターをベースモデルとし、ラグジュアリーかつスポーティにチューンアップされています。

ここでは、エクステリア&インテリアを中心に、標準セレナとの違いについて評価していきます。

✳︎当記事は2019年のマイナーチェンジ以前に執筆したものです。マイナーチェンジ以降の情報は追記する形で掲載していますので、旧オーテック-旧標準セレナ比較に加え、オーテックの新旧比較もしていただけます。特に中古車をお探しの際は参考になると思います。

スポンサーリンク

セレナe-POWERオーテックのエクステリア

セレナe-POWERオーテックでまず目に留まるのは、そのフロントグリルではないでしょうか。

ベースであるハイウェイスターの標準セレナと比べて、どことなく落ち着いた印象を覚えます。

これはきっと、オーテックのメタルメッシュデザインによるもの。

ぎらつきを抑えたシルバーパーツが派手すぎない、「大人のための、美しきプレミアム」を演出しています。

まずはそんなエクステリアの仕様をみていきます。

オーテック専用エクステリア

フロント部のエクステリア


フロント部のオーテック専用エクステリア
  • フロントグリル
  • フロントエアロバンパー(e-POWER標準装備)
  • フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)
  • AUTECH専用エンブレム

通常、e-POWERではフロントグリルにブルーラインが入りますが、オーテックはシルバー単体でまとめています。

これによってトータルでシルバー基調なテイストとなり、タイトな統一感が生まれています。

マイナーチェンジ後のフロント部
フロント部のオーテック専用エクステリア(マイナーチェンジ後)
  • フロントグリル
  • ヘッドランプフィニッシャー(ダーククロム)
  • フロントエアロバンパー(e-POWER標準装備)
  • フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)
  • AUTECH専用エンブレム

オーテックは元々グリルがメッシュデザインなので、マイナーチェンジ前後で大きく印象が変わるわけではありません。

サイドシルプロテクター

ドア下についているのがサイドシルプロテクター。

メタルシルバーのアクセントになっています。

セレナニスモのレッドもインパクトがあっていいですが、大人路線ならオーテックですね。

リヤプロテクター

リヤプロテクターもメタル調フィニッシュ。

オーテックは前からも横からも、そして後ろから見てもまとまり感がありますね。

その他エクステリアのオーテック特別装備

LEDフォグランプ/LEDリヤコンビネーションランプ

LEDフォグランプはフロンバンパー組込み。

リヤはLEDコンビネーションランプ。

マイナーチェンジ後のLEDフォグランプ

ベースモデルのハイウェイスターがこのような仕様に変わりました。

専用ホイール

e-POWERオーテックは専用15インチアルミロードホイール。

フロント・サイド・リヤの車体底面がシルバーフィニッシュのラインで揃っていますが、アルミホイールがさらにそのテイストを引き立てます。

マイナーチェンジ後の専用ホイール

左が専用16インチアルミロードホイール、右が専用15インチ。

e-POWERオーテッックのグレード別設定です。

オーテックのエクステリア評価

オーテックの見た目は大人プレミアムが売りです。

ギラつきをおさえたシルバーの意匠は、標準セレナにはない魅力。

マイナーチェンジ後、セレナはガラッと路線が変わりました。

大きく派手めな方向にシフトしましたが、オーテックは今までと同じスタイルを貫いています。

以前からのセレナが好きだという人に、オーテックはおすすめです。

スポンサーリンク

セレナe-POWERオーテックのインテリア

セレナe-POWERオーテックはインテリアも大人プレムアムな仕上がりになっています。

インテリアの主な特別装備をご覧ください。

オーテック専用インテリア

クリスタルスエードシート

スエードが上質な雰囲気を引き立てます。

「AUTECHブルー」のステッチがアクセントになっています。

マイナーチェンジ後のシート

マイナーチェンジ後のシートは「ブルー/ブラックコンビレザレットシート」。

以前のオーテックより、コンビシートによるブルーの割合がかなり増えていることがわかります。

スエード調ドアトリム

フロントシート、セカンドシートともにスエード調トリムがあります。

ノーマルe-POWERのファブリック素材よりリッチな印象。

マイナーチェンジ後はこの部分もブルーになっています。

スエード調インストパッド

Nissan SERENA

インストパッド(インパネ)もスエード調で、ブルーステッチが入っています。

エクステリアがシルバーフィニッシュで品よく統一されていたのと同様に、インテリアでもスエードの上級感とスタイリッシュなブルーアクセントで統一感があります。

以上が「オーテック専用インテリア」です。

その他インテリアのオーテック特別装備

ステアリング

Nissan SERENA

専用本革巻3本スポークステアリングにもブルーステッチがあしらわれています。

一見しただけではわからないような細かな部分にまで、オーテックのこだわりが感じられます。

マイナーチェンジ後のステアリング

マイナーチェンジ後のステアリングデザインは、シート同様ブラック/ブルーコンビとなっています。

e-POWERオーテックのインテリア評価

インテリアもエクステリアと同じく、上質感と統一感があります。

AUTECHブルーが大人な落ち着きのなかにも、スポーティなテイストを加えています。

セレナe-POWERオーテックのディーラーオプション

e-POWERオーテックのディーラーオプションには以下のものがあります。

e-POWERオーテックのディーラーオプション

  • 専用フロアカーペット(吸遮音・消臭機能付)
  • 専用ラゲッジカーペット
  • 専用プラスチックバイザー
  • 専用エントランスプレート(フロントドア イルミネーション)
  • 専用ピラーガーニッシュ
  • 専用バックドアモール
  • 専用フットレスト
  • AJベーシック

ディーラーオプションのなかでも注目したいのがエントランスプレート。

フロントドア下部に取り付けられたシルバーのプレートに「AUTECH」の文字が青く浮かびあがります。

こういう細かいところにもブルーというシンボリックカラーをもってきます。

さりげないアクセントの置き方に大人を感じます。

新型セレナのオプションでおすすめは?Webカタログの見方がわかる

2018年11月29日
スポンサーリンク

セレナe-POWERオーテックのカラー

セレナe-POWERオーテックのボディカラーは全7色です。

セレナe-POWERオーテックの色
  1. カスピアンブルー
  2. ブリリアントホワイトパール
  3. ダイヤモンドブラック
  4. インペリアルアンバー
  5. マルーンレッド
  6. ダークメタルグレー
  7. ブリリアントホワイトパール(3P)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン
  8. シャイニングブルー
  9. アズライトブルー

表中の「P」はパール、「3P」は3コートパールの略です。

✳︎いつの間にかオーテックのカラーが少なくなっていました。2019年3月現在は7色展開。青系にカスピアンブルーのほかシャイニングブルー・アズライトブルーもありましたが、今はないようです。

マイナーチェンジ後のカラーバリエーション

セレナe-POWERオーテックの色(マイナーチェンジ後)
  1. カスピアンブルー(M)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン
  2. マルーンレッド(RPM)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン
  3. ブリリアントホワイトパール(3P)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン
  4. カスピアンブルー(M)
  5. ブリリアントホワイトパール(3P)
  6. ダイヤモンドブラック(P)
  7. ダークメタルグレー(M)
「M」はメタリック、「RPM」はマルチフレックスパールメタリックの略。

全色スクラッチシールド、ダークメタルグレー以外は特別専用色です。

人気の2トーンカラーがマイナーチェンジ後は3色の設定となりました。

逆に言えばマルーンレッド単体色がなくなり、インペリアルアンバーは設定そのものがなくなりました。

オーテックの専用カラー カスピアンブルー

このなかで「カスピアンブルー」がオーテック専用カラー。

これぞオーテックというブルーです。

インテリアの随所にあしらわれたブルーステッチや「AUTECH」エンブレムの文字色は、このカスピアンブルーだと思われます。

またセレナオーテックe-POWERにはカスピアンブルー以外にブルー系のカラーが2色あります(ありました)。

マイナーチェンジ後のカスピアンブルー

画像はカスピアンブルー/ダイヤモンドブラックの2トーンです。

オーテックのブルー系標準色① シャイニングブルー

シャイニングブルーは「水色」といったような薄いブルーです。

これも鮮やかで綺麗です。

ちなみに、この色はセレナの標準色なので追加の費用がかかりません。

オーテックのブルー系標準色② アズライトブルー

アズライトブルーも標準色で追加料金がかかりません。

カスピアンブルーとの比較でいえばパープルよりなブルー。

どのブルーも癖のある色合いでなく、鮮やかですよね。

新型セレナの色で人気なのは?カラーバリエーション5つの分類方法

2018年12月2日

セレナe-POWERオーテックの価格

セレナe-POWERオーテックの価格はこちら。

セレナe-POWERオーテックの価格
  • V Package:3,624,480円
  • Safety Package:3,821,040円

e-POWERのSafety Packageならプロパイロットを始めとする先進安全装備が含まれるメーカーオプションのセーフティパックBを設定することができます。

10万円以上するオプションですが、ぜひこれはつけたいです。

e-POWERオーテックは、他にもあれこれオプションをつけると500万円弱になります。

こだわりのモデルなだけあって価格もプレミアムです。

セレナe-POWERオーテックとニスモの外観比較

e-POWERオーテック、ニスモはそれぞれが特徴的な外観をしています。

e-POWERオーテックはシルバーフィニッシュで統一された上品・ラグジュアリーなテイスト。

テーマカラーはブルー。

ニスモは車体下部にインパクト大なレッドカラーが入ったスポーティーなニュアンス。

それぞれ異なる路線でかっこいいですね。

新型セレナニスモの仕様はどうなっているのか?価格・スペックを紹介

2018年11月12日
オーテック:ブルーアクセント×シルバーフィニッシュでラグジュアリー

ニスモ:レッドアクセントでスポーティー

セレナe-POWERオーテック評価のまとめ

セレナe-POWERオーテックは、シルバーアクセントのタイトなデザイン。

しかも、余計なギラつきのない上品なシルバーです。

インテリアもスエード調とブルーステッチでまとめあげられ、調和のとれた高級感があります。

エクステリア・インテリアともに整合性があり、深くみるほどにそのこだわりが感じられます。

好きな人にはたまらない世界観ではないでしょうか。

価格は安くないですが、手に入れたときの満足感は高いこと間違いなしです。

エクステリア・インテリアともに高く評価できます。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

✳︎画像はすべて日産サイトオーテックサイトより引用

セレナが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

 

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

 

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々セレナについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

 

一括査定サイトを使うことで、全国100社以上があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

スポンサーリンク