新型セレナニスモの仕様はどうなっているのか?価格・スペックを紹介

NISMO

日産の新型セレナ(C27)にはニスモグレードが設定されています。

レッドアクセントが目をひくニスモは、デザインだけでなく走りもスポーティ

ここではセレナニスモの仕様と価格をご紹介しています。

カラーやオプションの価格、エクステリア・インテリアなどの専用装備、車体寸法など基本スペック情報も取り上げています。

✳︎2019年8月のマイナーチェンジ後、ニスモはセレナ公式サイトから姿を消しました。

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大100社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

セレナニスモとはどんな車?

serena nismo

新型セレナは、2WDだけでも20を超えるほどのグレードが設定されています。

そのなかでニスモとはどんなグレードなのでしょうか。

ニスモとは

レッドラインが目を引く「ニスモ」は「ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル」株式会社の通称。

日産におけるモータースポーツ部門を担う一方で、レースで培った経験をいかし、市販車向けパーツの製造・販売も行っています。

そのカスタムパーツを用いて日産車をトータルでチューンアップしたコンプリートカーを「NISMO仕様」として販売しています。

スポンサーリンク

セレナニスモはスポーティ&ファミリー仕様な車

スポーティな走行性能

セレナニスモは見た目だけでなく走りもスポーティ。

空力抵抗を増大させることなくダウンフォース(車体を地面方向に押し付ける力)をアップさせ、走りを安定させています。

なのでコーナリングでは、セレナのベースモデルと比べてより反応よく向きを変え、旋回中も落ち着きがいい走行を実現しています。

同じスポーツチューニングモデルではオーテックもあります。

レッドなニスモに対してオーテックはブルーがモチーフ。

セレナe-POWERオーテックの評価【標準セレナとの違いがわかる】

2018年12月23日

ニスモは乗り心地もいい

走りはスポーティでありながら、乗り心地も快適。

スポーティ仕様では乗り心地が犠牲になることが多いところ、セレナニスモはベースモデルよりしっかり路面の凸凹を吸収します。

スポーティなのにファミリーユースにしっかりこたえているのがセレナニスモの大きな特徴です。

セレナニスモの価格

セレナニスモの価格はこちら。

3,424,680円

LEDヘッドランプ、両側ハンズフリーオートスライドドア、プロパイロットなどは標準装備となっています。

セレナニスモはハイウェイスターをベースとしていますが、他のハイウェイスター系グレードの価格を比較としてあげておきます(C27前期)。

  • ハイウェイスター:2,683,800円
  • ハイウェイスターG:3,016,440円
  • ハイウェイスターVセレクションⅡ:2,874,960円
  • e-POWER ハイウェイスター:3,178,440円
  • e-POWER ハイウェイスターV:3,404,160円

こう見ると最後の「e-POWERハイウェイスターV」と同価格帯であることがわかりますね。

スポーティ仕様の外観・走りをとるか新開発パワートレインをとるかということですね。

セレナのマイナーチェンジ内容とは?【2019年最新情報】

2019年7月18日
スポンサーリンク

セレナニスモ エクステリアの専用仕様

セレナニスモの専用エクステリアをみていきます。

街中を走行していてもパッと目につくレッドアクセントがニスモのアイコンです。

専用フロントグリル

NISSANエンブレムの横にさりげなく「nismo」エンブレム。

専用フロントバンパー

専用フロントバンパーはエアダクト付き。

レッドラインがニスモの証です。

専用LEDライト

専用ハイバーデイライト。

フォグライトの部分です。

専用ドアミラー

専用サイドターンランプ電動格納式リモコンブラックドアミラー。

ここもしっかりレッドアクセント。

専用サイドシルプロテクター

サイドシルプロテクターもレッドスポーティ。

街中で見かけたらつい目をやってしまいます。

専用リヤスポイラー

リヤスポイラーでダウンフォースを発生させ、走りを安定させます。

専用リヤバンバー

フロント、サイド、リヤと車体底面を貫くレッドアクセント。

ドアハンドル

ダーククロム仕立てで大人な雰囲気。

通常のシルバーとは質感が違います。

専用バックドアフィニッシャー

バックドアフィニッシャーもダーククロム。

このようなパーツの細かなこだわりは雰囲気をグッと引き立ててくれます。

Nismo専用エンブレム

フロントとリヤの「nismo」エンブレムは「o」がレッドアクセント。

可愛い目なフォントとあいまってキャッチーな印象です。

スポンサーリンク

セレナニスモ インテリアの専用仕様

セレナニスモな仕様はエクステリアだけじゃありません。

インテリアも統一されたレッドアクセント。

インパネ

タイトなまでのブラック×レッドのデザインが美しい。

専用スエード調シート地

高級感を添えるスエード調のシート。

専用ステアリング

専用本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリング。

ステアリング中央上部にはレッドセンターマーク。

車好きには嬉しい演出です。

専用本革巻シフトノブ

ステッチがレッドになっています。

この統一感、たまらないです。

専用スエード調インストパッド

ステアリング、シフトノブ、インストパッドとレッドステッチが非常にいいアクセントになっています。

スエードの質感が非常によく感じられる部分。

専用コンピメーター

「nismo」ロゴ入りのレッドフィニッシャー。

専用センタークラスター

ナビがおさまるセンタークラスターもニスモ専用仕様。

専用ブラックトリム

ピラー、ルーフ、サンバイザー、バックドアがブラックトリム。

新型セレナe-POWERの内装がシートごとによくわかる

2018年12月21日

セレナニスモ その他の専用仕様

タイヤ&ホイール

serena nismo

セレナニスモのタイヤ・ホイールがこちら。

  • 専用17インチアルミホイール
  • ブリヂストンPOTENZA Adrenalin RE003タイヤ

ベースグレードのセレナだと基本的に15インチホイール。

S-ハイブリッド(スマートシンプルハイブリッド)車のハイウェイスター系で16インチです。

そこにきてニスモは17インチです。

デザインも独特で存在感があります。

セレナニスモのボディカラーと価格

セレナニスモはニスモ専用色4色をふくむ全7色の展開です。

  • モノトーン系:3色
  • 2トーン系:4色

各カラーと価格をご紹介します。

ダークメタルグレー

ニスモ専用色。

ダークメタルグレーはニスモとオーテックだけのカラー。

でしたが、2019年8月のマイナーチェンジ以降、ノーマルセレナにも設定されました。

マイナーチェンジ以降のノーマルセレナ(ダークメタルグレー)です。

人気の高い2トーンカラーのベース色としても採用されました。

価格:54,000円

ダイヤモンドブラック

安定のブラック。

ブラック地にレッドがとにかく映えます。

価格:54,000円

ブリリアントホワイトパール

ニスモはこのイメージが強い。

ホワイトにレッドアクセント。

価格:43,200円

ブリリアントシルバー / ダイヤモンドブラック

ニスモにも2トーンカラーあります。

上はブラック、ボディ全体はシルバー、下はレッドアクセントとカラフルですね。

価格:54,000円

ダークメタルグレー / ダイヤモンドブラック

ニスモ専用色。

価格:54,000円

ガーネットレッド / ダイヤモンドブラック

ニスモ専用色。

レッドのアクセント感はなくなりますが、同色グラデーションテイストが好きな人にはたまらない。

価格:75,600円

ブリリアントホワイトパール / ダイヤモンドブラック

ニスモ専用色の2トーン。

こだわりが感じられるカラーリングですね。

価格:75,600円

新型セレナの色で人気なのは?カラーバリエーション5つの分類方法

2018年12月2日

セレナニスモのエクステリアオプションと価格

セレナニスモのディーラーオプションのご紹介です。

価格は消費税・取付費込み。

まずはエクステリアパーツから。

NISMOプラスチックバイザー

小さく「nismo」エンブレムが付きます。

価格:33,696円

ドアミラーカバー

ラインではなく面としてレッドがくるとよりインパクトがプラスされます。

価格:27,216円

ナンバープレートトリム

ブラッククロームメッキの「nismo」エンブレム付き。

価格:各5,616円(フロント・リヤ)

ピラーガーニッシュ

こんなところもオプションで設定できるんですね。

ここにもエンブレムが入ります。

価格:27,432円

セレナニスモのインテリアオプションと価格

セレナニスモのディーラーオプション、お次はインテリアパーツ。

NISMO専用9インチ大型ナビ

ナビまでニスモ専用のものがあるんですね。

価格:290,288円

NISMOシートカバー

黒地にレッドパイピングが施されたシートカバー。

撥水機能付きです。

洗濯は不可。

  • 1,2,3列セット:76,680円
  • 2,3列セット:60,480円

NISMOフロアマット

足元部分にエンブレムが入ります。

車に乗り込み、さて運転するぞというとき目に入る部分なので何気に気持ちを上げてくれそうです。

価格:74,088円

NISMOエントランスプレート

「nismo」ロゴ入りでイルミネーション付きです。

こういうところまでこだわれたらカッコいいですね。

人を乗せたくなります。

価格:59,616円

NISMOラゲッジマット

ここには刺繍ワッペンで「nismo」ロゴが。

なんだか、かわいらしいです。

価格:23,760円

NISMOサンシェード

ロゴプリントで「nismo」。

シルバーの裏地に黒文字がシンプルでいいです。

価格:16,200円

セレナニスモの基本スペックについて

セレナニスモの基本スペックをおさらいしておきます。

車体寸法

室内長×室内幅×室内高:3170×1545×1400(mm)

ベースグレードのハイウェイスターでは室内長が3240mmとなりますが、ほかは同じです。

燃費

セレナニスモはS-ハイブリッド車です。

燃費の公表値はありませんが、ベースグレードのS-ハイブリッドでは次のようになります。

16.6〜17.2㎞/L

実燃費は走行状況によってかわり、10㎞/Lをしたまわることもあれば、15㎞/Lを上回ることもあります。

新型セレナS-ハイブリッドの実燃費を他車種・e-POWERと比較!

2018年12月19日

セレナニスモにe-POWERはなぜないのか


出典:日産セレナサイト

セレナニスモにはe-POWERの設定はありません。

S-ハイブリッド車のみです。

ニスモと同じ特別仕様のオーテッックではe-POWERがあるのにニスモにはない。

これはなぜでしょう。

まずe-POWERには8人乗りはなくすべて7人乗りですが、これには車重が関係しています。

e-POWERというパワートレインを実現するためのバッテリーやモーターで重量が増えたため7人乗りにせざるをえなかったのですね。

オーテックはニスモと同じ特別仕様でも外装中心の仕様です。

一方でニスモは足回りなどに手を加える仕様のため、どうしても重量が増えてしまいます。

ニスモらしい走りを実現するためには、これ以上に車重アップを強いられるe-POWERを搭載するのは困難だったと考えられます。

しかし、今後そのe-POWERの軽量化など開発がすすめばセレナニスモにもe-POWERが搭載される可能性があるのはないでしょうか。

セレナニスモの仕様と価格まとめ

セレナニスモの価格は324万円

ベースモデルのe-POWERハイウェイスターVと同等の価格帯。

スポーティでレッドな外観、そして走りがニスモの魅力です。

しかし、セレナニスモは2019年8月のマイナーチェンジ以降、公式サイトから姿を消しました。

しばらくしてニスモの新型が出るのか、もう中古車でしか手に入らないのか。

セレナニスモを検討している方はお早めに。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

✳︎画像は日産セレナ公式サイト、オーテックジャパンサイトより引用

セレナが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

 

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

 

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々セレナについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

 

一括査定サイトを使うことで、全国100社以上があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

スポンサーリンク