車のテールランプをLED化するメリット・デメリットは?球切れの対処法も解説

e-POWER

「車のテールランプをLED化する前にメリット・デメリットについて知っておきたい」
「LEDテールランプって球切れしたらどうしたらいいの?」

LEDテールランプは寿命が長く、電球交換などメンテナンスの手間を減らせるのが魅力ですよね。シャープなLED光は、見た目にもワンランク上の上質さがプラスされ、いいことづくめです。

この記事では、LEDテールランプのメリット・デメリットに加え、球切れの原因と対処法についても解説します。

「LEDは球切れしないから、よくない?」と思っていた人は、車検のときなどに焦らなくて済むよう、LEDのデメリットから球切れの対処法までをぜひよく読んでおいてください。

テールランプをLED化するメリット3つ

最近は、ウィンカーやヘッドライトなど車のライト全般についてLED化が進んでいます。街中でもよく見かけますよね。テールランプも同様で、価格帯が200万円以下の車にもLEDが広く普及しています。

ここでは、テールランプをLED化するメリット3つを紹介します。

  1. 寿命が長い
  2. 視認性が高い
  3. 瞬時に点灯する

では、それぞれ解説していきます。

LEDテールランプのメリット①:寿命が長い

LEDテールランプ

電球の寿命が長いことは、よく知られたLEDの大きなメリットです。これを目的にLED化する人も多いでしょう。

ハロゲンランプの寿命は1,000時間ほどですが、LEDはおよそ4万時間と圧倒的な長寿命を誇ります。4万時間ということは、1日に10時間ライトを使っても4000日間、つまり、10年間(=3650日間)以上も持続する計算になります。

LEDは驚くべき長寿命ですが、デリケートな部品なので1〜3球だけ球切れするケースもあり、そのときの対策はしっかり知っておく必要があります。

LEDテールランプのメリット②:視認性が高い

LEDテールランプ

テールランプは「尾灯」ともいい、後ろを走る車や歩行者に車の存在を知らせる重要な役割があります。

LEDテールランプはハロゲンランプなど通常のランプよりも明るく、後続車のドライバーは前方に注意を払いやすくなるため、追突事故の回避に役立ちます。

また、バックカメラを搭載している車ならLEDランプが後方を広範囲に照らしてくれるため、車のオーナーであるあなた自身にも、モニター越しの映像をクリアに見られるメリットがあります。

LEDテールランプのメリット③:瞬時に点灯する

LEDテールランプ

LEDは電力がダイレクトに発光エネルギーに変わるため、電気が流れると瞬時に発光します。光源が明るいうえに点灯までのタイムラグも少ないので、追突防止の効果は大きいでしょう。

瞬時点灯は視認性向上とも相まって、走行の安全性を高めてくれます。このような安全に関わる側面は、LEDテールランプの強みであり、実は見逃せないポイントです。

スポンサーリンク

テールランプをLED化するデメリット3つ

テールランプのLED化には、注意すべきデメリットもあります。

  1. ハイフラッシャー現象が起こる
  2. 球切れ警告が出る
  3. LED交換費用が割高になる

LED化してから焦ることのないように、あらかじめ確認しておいてくださいね。

LEDテールランプのデメリット①:ハイフラッシャー現象が起こる

LEDテールランプ

ハイフラッシャー現象とは、通常よりも速い間隔でウィンカーが点滅する現象です。ハイフラ現象とも言い、電球をLED化することでよく起こります。

これは、電球のLED化によって消費電力が大幅に下がり、車のシステムが、この消費電力の低さを「ウィンカーが球切れを起こしている」と誤って認識してしまうことが原因です。

ハイフラッシャー現象を回避するには「抵抗器」や「ICリレー」を取り付ける方法がありますが、専門知識が必要になるので、車に詳しくない人は修理店などに相談するのが無難でしょう。

LEDテールランプのデメリット②:球切れ警告が出る

球切れ警告灯

高級車や輸入車には「球切れ警告灯」が備わっていることがありますが、テールランプLED化によりこのシステムが作動してしまうことがあります。

ハイフラッシャー現象と同様に、ライトの消費電力が低いために車が誤動作するのが原因です。

球切れ警告灯対策には、キャンセラーを取り付ける方法があります。キャンセラーの適応車種を確認して購入しましょう。

LEDテールランプのデメリット③:LED交換費用が割高になる

LED交換の費用

LEDテールランプは、たった1球のライト切れでも、アッセンブリー(ASSY)交換をするとなるとパーツをまるごと交換することになるため、交換費用が割高になります。

LEDテールランプは10数個のLED全体でひとつのライトという扱いになり、1球でもライトが切れていると整備不良扱いとなり、車検に通りません。

LEDは確かに長寿命ですが、関連するパーツの不具合でも点灯しなくなります。その際の交換費用がハロゲンランプなどより割高になりがちなのは知っておいてください。

スポンサーリンク

LEDテールランプが球切れする原因

「LEDは半永久的に切れない」と誤解している人がいますが、決してそんなことはありません。

数万時間におよぶLEDの寿命は、理想的な条件で使用した場合の話であり、実際にはさまざまな理由により球切れを起こします。

熱による劣化

熱による劣化

LEDの故障・劣化で最もよくある原因が、「熱」によるものです。一般的なLEDは85℃程度までが動作保証となっていますが、それ以上の温度にさらされ続けると劣化が早まってしまいます。

ヘッドライトはエンジンルームの熱をまともに受けるため、特に高温になりやすいのですが、テールランプも例外ではなく、直射日光が長時間あたり続けるとかなりの高温になり、LEDにダメージを与えます。

このように、LEDは熱に弱い性質があります。品質が低く放熱処理に欠陥があるような安価な製品だと、通常より早く寿命がきてしまうこともあるので注意が必要です。

静電気

静電気

LEDは静電気で壊れてしまうことがあります。静電気による急激な過電圧・過電流(サージ)がLEDにダメージを与えてしまうからです。

これはLEDバルブ交換時に、バルブを素手で触ってしまうことでよく起きます。特に冬など帯電しやすい時期にバルブの交換作業をするときは、除電しておく必要があります。

スポンサーリンク

LEDテールランプが球切れしたときの対処法

いつかは起こるLEDテールランプの球切れ。経年劣化による寿命で切れる場合もあれば、新品で買ったのに品質が悪くてすぐに球切れを起こす場合もあります。

球切れの対処法としては大きく2つあり、それがユニットを丸ごと交換する方法と1球ずつ打ち替える方法です。それぞれ説明します。

テールランプをユニットごと交換する

LEDテールランプ

LEDテールランプが球切れを起こしたら、すべてのLEDをユニットごと交換する方法があります。LEDが1球切れていると、ほかのLEDも切れやすい状態になっていることが多いため、このようにします。

ただ、ユニット交換をしようと思ったものの、ユニットが廃版になっていたり取り寄せに時間がかかったりと、思うように交換作業が進まないことがあります。これが車検の直前だと焦りますよね。

このような場合はLEDを1球ずつ打ち替える方法がおすすめ。費用的にユニットごと交換するより安く済むのも嬉しいところです。

LEDを1球ずつ打ち替える

LEDテールランプ

球切れしたLEDだけピンポイントで打ち替えるには、まずLEDを調達する必要がありますが、LEDの種類には数多くのものがあります。純正品のLEDは市販で出回っていないものもあり、そのような場合は手に入るLEDに加工を加えるなどの作業が必要です。

よっぽど車の配線やパーツなど知識があってDIYが得意な人なら、自力でLEDの打ち替え作業もできるかもしれません。一方で、そもそも工具の使い方や名称さえわからず、車の整備なんてまったくしたことがない人にとっては、自力でLED交換をするのは無謀です。

そんなときは、LEDテールランプを専門に扱っている修理店に依頼したほうがいいですね。こちらの修理店のように、LEDテールランプの球切れに特化した修理実績が多いところがおすすめです。

見積もりを出してもらうだけでもアリなので、LEDの球切れでお困りならいちど相談してみてはいかがでしょうか。お問い合わせもWebサイトのフォームからスマホひとつでできますよ。

まとめ|車のLEDテールランプの球切れなら修理店に依頼するのがベスト

車のテールランプをLED化するメリット・デメリット、LED球切れの対処法について解説してきました。

以下、まとめておきます。

メリット3つがこちらです。

  1. 寿命が長い
  2. 視認性が高い
  3. 瞬時に点灯する

デメリット3つがこちら。

  1. ハイフラッシャー現象が起こる
  2. 球切れ警告が出る
  3. LED交換費用が割高になる

LED球切れはユニットごと交換する方法のほか、個別に打ち替える方法があります。市販のLEDライトのなかには粗悪な品質のものもあるので、専門の修理店に任せるのがベストです。

記事のなかで紹介した修理店はMODEST(モデスト)です。モデストならLED電装のプロが1球単位の球切れから対応してくれます。日本全国どこでも受け付けていますので、LEDテールランプでお困りのときは、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

さて、こんな魅力的な日産セレナですが、少しでもお安く購入したいですよね。

これからご紹介するセレナ値引きの3つの裏技は、他のブログではあまり書かれていません。

ですが、かなり簡単に、しかも大幅な値引きを実現できます。

文章は長いですが、ゆっくりと読み進めてくださいね。

 

まず知ってほしいのが、ディーラーの自動車下取り価格はボッタクリという事実です。

セレナを購入する際には、あなたのマイカーを絶対にディーラーに出してはいけません。

ディーラーの仕事は、以下のどちらでしょう?

  • 新車を売る
  • 下取りをする

そう、ディーラーの仕事は「新車を売る」ことですよね。

これを念頭におきつつ、読み進めてください。

それでは、3ステップで解説していきます。

ステップ1:新車見積もりをする

セレナを購入するとき、日産販売店を1軒1軒まわっていませんか?

多くのディーラーをまわるのは、時間がかかるし、骨が折れますよね。

ライバル車であるヴォクシーやステップワゴンなどの見積もりをとるのも、ひと苦労です。

 

そこで、在宅で複数ディーラーからセレナの新車見積もりができる、MOTAを紹介します。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



MOTAではオンライン上で見積もりができるので、わざわざライバル車の見積もりをとりに行くため、貴重な時間をつぶす必要はありません。

言葉巧みなディーラーとの会話を避けることもできます。

このサイト利用すれば、簡単に複数ディーラーからセレナの値引き額を知ることができますよ。

これでMOTAからの見積書を利用し、有利に価格交渉を始められるようになります。

ステップ2:一括車買取査定をする

ステップ2で利用するのは、無料の一括車買取査定サイトです。

一括車買取査定サイトは1社のみからの査定というところもありますが、ここで使用するのは複数の買い取り業者から査定をだしてもらうサイトです。

1社の査定では言い値から値上がりする可能性は低いですが、数社を競わせることで思いもよらない価格に跳ね上がることもあります。

 

この業界では後出しじゃんけんの法則というものがあり、他社より1円でも高い買取価格を提示するという習慣があるので、複数の買い取り業者から買取の見積もりをとることが重要です。

一括車買取査定サイトで査定の見積もりを出してもらい、マイカーの買取価格を把握しておきましょう。

そこで、より高い買い取り価格を引き出すために、優良サイトをご紹介します。

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】



MOTA車買取のメリットは、次の3つ。

  • しつこい営業電話はナシ
  • 査定額が出るまでネットで完結
  • 最大20社比較で高く売れる

MOTA車買取なら、高額査定の会社が事前に分かるのに加え、連絡があるのは高額査定の(最大)3社のみ。よくある営業電話の嵐に巻き込まれる心配は、ありません。

査定が終わると、高い査定額を提示してくれた3社から電話がくるので、実際に現物のマイカーを確認しにきてもらいましょう。

しかし、ここではまだ、実際に買い取りを決定してはいけません。

「ディーラーで新車を契約してから」などと言って、とりあえずはその日はお引きとり願いましょう。

今回の目的は、マイカーの買取額を把握しておくことであり、それが新車の大幅な値引きを実現するための重要なポイントになるからです。

ステップ3:ディーラーで値引き交渉をする

このステップ3が、1番キモとなるところです。

ステップ1で行った、MOTA新車見積もりの結果をディーラーに提示した上で、セレナを新車で買うときの見積もりを出してもらいます。

見積もりを出してもらうとき、「下取りあり」と「下取りなし」の見積もりを選ぶことになりますが、必ず下取りありの見積もりを出してもらいましょう。

 

あなたが持っていったMOTA新車見積もりの結果をみたディーラーは、MOTAの値引き額よりさらに安くなった見積もりを提示してくるはずです。

しかし、そこで「よかった、よかった」と満足してはいけません。

実際は、値引きなどまったく、されてはいないのです。

 

ここで、ディーラーは値引き充当というテクニックを使ってきます。

値引き充当という言葉を知っていますか?

聞き慣れない言葉かと思いますが、説明しますね。

値引き充当とは、値引き額を高くするかわりに下取り価格を安くして、大幅な値引きをしたように見せかけるテクニックです。

 

具体的に、説明しますね。

最初に提示された値引額が、10万円だとします。

200万円 − 値引額10万円 − 下取り価格40万円 = 150万円

これが値引き充当を使って、値引き額を20万円にした場合、

200万円 − 値引額20万円 − 下取り価格30万円150万円

後者ではたしかに値引額が10万円→20万円と上がっていますが、その代わりに下取り価格が下がっていますよね。

だから、どちらも結果は150万円と同じなのです。

つまり、値引額が大きくなっているのは見せかけだけで、実は下取り価格を下げる操作を裏で行っています。

これが値引充当というテクニックです。

 

ディーラーは、最初の下取り価格をあなたには伝えていませんので、普通の人は値引き充当をされていることには気がつきませんよね。

しかし、あなたはステップ2(MOTA一括車買取査定)で、ご自身の車が買取業者ではいくらで買い取ってもらえるかを知っています。

ディーラーがあなたのマイカーを、どれだけ安く買い取ろうとしているのかがわかるわけです。

そのため、値引き充当にだまされることはありません。

 

そして、ここからが最重要ポイント。

ディーラーに「その値引き額でいいので、下取りは無しにしてください」と申し出るのです。

どういうことか説明します。

ディーラーは、値引き充当する前提で、大幅な値引き額を提示しました。

ここで、あなたが下取りなしに変更したとしても、ディーラーは客であるあなたに、値引き充当のことなど言えません。

「下取り価格をボッタくるつもりで値引きをしました」とは、口が裂けても言えないのです。

 

もしも、ディーラーに下取り無しに変更した理由を聞かれたら、「大幅に値下げをしてもらったので、今乗っている車は同僚に安く売る」などと言えばいいのです。

今乗っているお車は、ステップ2で事前に査定をしてもらった買取業者で、一番高値を出した業者に買い取ってもらいましょう。

これにより、

  • セレナの大幅な値引き(ディーラー)
  • マイカーの高額な買取(MOTA買取業者)

という2つが同時に実現し、いちばんお得にセレナが購入できるようになります。

これが値引き充当を逆手に取り、大幅な値引きを実現する方法です。

 

それでは、もういちど復習しておきましょう。

ステップ1では、新車見積もりサイトで、セレナの値引額を把握しておきます。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



ステップ2では、一括車買取査定サイトで、あなたのマイカーの下取り価格を調べておきます。

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】



ステップ3では、ディーラーに「下取りあり」で大幅値引きを提示させた後、下取りを撤回し、手順2で一番高額な査定を出した業者に、あなたのマイカーを売却します。

以上が、セレナを最大限お求めやすく購入する3ステップです。

では、あなたが笑ってセレナに乗られている姿を楽しみにしています。

事前準備が9割です。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク