セレナe-POWER 価格差とスペック差をグレード別に徹底比較

e-POWER

「セレナに興味があるけど、グレードが多くてどこがどう違うのか確かめるのが大変…」

そんな方のために、ここでは次の2グレード間における価格差とスペック差を比較しています。

・e-POWER搭載車の最上位と最下位グレード
・ハイウェイスター系の2グレード
・S-ハイブリッド車の最上位グレードとe-POWER最下位グレード

これを読んだあとにセレナのカタログをご覧になれば、より早く必要な情報を拾っていけるようになります。

セレナe-POWERは4つのグレード

Vehicle Stage

セレナe-POWERは4つのグレードがあります。

セレナe-POWER
e-POWER X:2,968,920円
e-POWER ハイウェイスター:3,178,440円
e-POWER XV:3,128,760円
e-POWER ハイウェイスターV:3,404,160円

XVとハイウェイスターVには防水シート車というのもありますね。

e-POWERの防水シート車
e-POWER XV(防水シート車):3,161,160円
e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車):3,436,560円

防水シート仕様でないものとの価格差はそれぞれ32,400円。

では、これらを元に価格差について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

セレナe-POWER Xとe-POWERハイウェイスターVの価格差

ではまずわかりやすく、e-POWER車でいちばん高いのと安いのを比べてみましょう。

どれくらいの価格差になるでしょう。

セレナe-POWERのなかで最低価格なのが「e-POWER X」で、最高価格なのが「e-POWER ハイウェイスターV」(防水シート車でないグレード)です。

e-POWER最低と最高価格
e-POWER X:2,968,920円
e-POWER ハイウェイスターV:3,404,160円

この価格差が435,240円です

40万円の差になるんですね。

100万円とかなら余裕で躊躇しますが、これくらいならギリ、装備の充実度によっては高い方でもいいと思いませんか?

ということで、スペック的にはどんな違いがあるのかみていきましょう。

スポンサーリンク

セレナe-POWER Xとe-POWERハイウェイスターVのスペック差

では、e-POWERのXとハイウェイスターVのスペックにどういう違いがあるのかみていきたいと思います。

簡略化のため次のように表記することにします。

e-POWER X→【eX】
e-POWER ハイウェイスターV→【ehV】

ちょっと味気ないかもしれませんが、2グレードのスペック差についてダーっと羅列してご紹介しますね。

ちなみに、ここでは「違い」にフォーカスしているわけですが、共通する項目もおさえておいた方がいいです。

セレナ諸元表の「全車標準装備」で「共通」の項目も確認しておいてくださいね。

ヘッドランプ


【eX 】ハロゲンヘッドランプ
【ehV】LEDヘッドランプ

やっぱりね〜LEDって光の輪郭がクッキリしていていいです。

ステアリング

SERENA Highway STAR G

【eX 】ノーマルステアリング
【ehV】本革巻3本スポークステアリング

本革は見た目にもいいですけど、グリップ感も向上しますよね。

コーナリングのしやすさ・気持ちよさが変わってきます。

ステアリングスイッチ

セットスイッチ

【eX 】アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定+クルーズコントロール
【ehV】アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定+クルーズコントロールオーディオ

めっちゃ長い…。

要するに違いは、ハイウェイスターVにはオーディオのコントロール部もあるよ、てところです。

手元でボリュームの上げ下げとかができるわけです。

またクルーズコントロールというのは、一定の速度を自動でキープして走行してくれる機能になります。

オーディオのスイッチはどうでしょう、あったらいいけど、くらいなものでしょうか。

必須ではない気がします。

オーディオ/ナビゲーションシステム

e-POWER車に日産オリジナルナビを装着した場合は、ナビ画面に映像が表示されます。

【eX 】オーディオレス+4スピーカー
【ehV】オーディオレス+4スピーカー+日産オリジナルナビ取付パッケージ

ナビ取付パッケージは、ナビがついてくるというわけじゃありません。

さっきご紹介したステアリングスイッチの「オーディオ」や、他にGPSアンテナ・TVアンテナ・6スピーカーなどがセットでついてくる内容のものです。

シート地

フェザーグレー グレージュ

【eX 】織物/トリコット織物
【ehV】ジャガード織物/トリコット

トリコットはファブリック素材。

ジャガード織りとは、絵が浮き上がるような織り方のことで、立体感や高級感があるのが特徴です。

画像は上が織物/トリコット織物、下がジャガード織物/トリコット。

シート

セカンドシート

セカンドシート〈左右〉 超ロングスライド+横スライド

【eX 】キャプテンシート+右ロングスライド+左(ロングスライド+横スライド)
【ehV】キャプテンシート+左右(超ロングスライド+横スライド)

ハイウェイスターVでは左右シートともに超ロング・横スライドができるわけですね。

サードシート

サードシートスライド

【eX 】スマートアップサードシート(低位置格納式)
【ehV】スマートアップサードシート(低位置格納式)+スライド

サードシートまでスライドできるとは驚きです。

ここは足元空間が狭くなりがちなところなのでスライドできる恩恵はかなり大きいと思います。

シートバックフック

Nissan SERENA

【eX 】運転席2個+助手席2個(合計4個)
【ehV】運転席2個+助手席2個+セカンド左右2個ずつ(合計8個)

ここもサードシートに乗る人の利便性が高まる仕様になるわけですね。

サードシートまでぬかりのないところががセレナの素晴らしいところの一つかなと思いますね。

シートバックポケット

Nissan SERENA

【eX 】助手席
【ehV】助手席+運転席(スマホ・タブレット収納付)

内装

パーソナルテーブル

Nissan SERENA Nissan SERENA

【eX 】セカンドシート左右
【ehV】セカンドシート左右+サードシート左右

サードシートまであるのはかなり嬉しい!きっと同乗者に喜ばれるはず。

カップホルダー

Nissan SERENA

【eX 】フロントシート2個・セカンドシート4個・サードシート4個(合計10個)
【ehV】フロントシート2個・セカンドシート4個・サードシート6個(合計12個)

USB電源ソケット

USBソケット

【eX 】運転席1個
【ehV】運転席1個+セカンド・サードシート各2個(合計5個)

ここまでみてくると、全体的にサードシートまで快適装備がいきとどくようになることがわかりますね。

見た目はハイウェイスター系がよくて、かつサードシートまで乗車させる機会が多いなら、e-POWERハイウェイスターV、アリですね。

外装

専用外装

【eX 】e-POWER専用外装
【ehV】ハイウェイスター専用外装

ハイウェイスターはエアロパーツが特徴で、フロントのブルーラインは2本に。

スライドドア

3列目シートへ、らくらく。3列目シートから、らくらく。

【eX 】両側スライドドアオートクロージャー
【ehV】両側スライドドアオートクロージャー両側ハンズフリーオートスライドドア

さらに

【ehV】サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ+全ドア連動ロック機能+ドアストップ機能

となります。

最高じゃんか!とうなりたくなります。

安全/メカニズム/セキュリティ

【ehV】ハイウェイスター専用サスペンション

サスペンションあることで乗り心地の向上に寄与するでしょう。

以上がe-POWER搭載車のうち、最も安いe-POWER Xと最も高いe-POWER ハイウェイスターVの価格差40万円の内容ということですね。

こうみてくると、全然アリじゃないですかね、e-POWERハイウェイスターV。

内装も外装も充実してて。

はい、では次はセレナのなかで人気の高いハイウェイスター系のなかで比較していきたいと思います。

なお、オプションの詳細についてはこちらでご紹介しています。

スポンサーリンク

セレナe-POWER ハイウェイスターとe-POWER ハイウェイスターVの価格差

セレナの売れ筋ハイウェイスターでe-POWER搭載車は2グレードあり、それぞれ以下の価格設定となっています。

e-POWERハイウェイスターの2グレード
e-POWER ハイウェイスター:3,178,440円
e-POWER ハイウェイスターV:3,404,160円

価格差は225,720円。

20万円。

ではまた同じようにスペックの差もみていきます。

e-POWER ハイウェイスター→【eh 】
e-POWER ハイウェイスターV→【ehV】

セレナe-POWER ハイウェイスターとe-POWER ハイウェイスターVのスペック差

e-POWER Xとe-POWERハイウェイスターVでみてきたものと共通のものも多くありますので、さっきと比較にならないくらいスラスラお読みになれるでしょう。

ステアリング

【eh 】本革巻3本スポークステアリング
【ehV】同上

ステアリングスイッチ

【eh 】アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定+クルーズコントロール
【ehV】アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定+クルーズコントロール+オーディオ

【eX 】【ehV】のスペック差と同じですね。

オーディオ/ナビゲーションシステム

【eh 】オーディオレス+4スピーカー
【ehV】オーディオレス+4スピーカー+日産オリジナルナビ取付パッケージ

これも【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

シート地

【eh 】ジャガード織物/トリコット
【ehV】同上

【eX 】【ehV】と同じですね〜。

シート

セカンドシート

【eh 】キャプテンシート+右ロングスライド+左(ロングスライド+横スライド)
【ehV】キャプテンシート左右(超ロングスライド+横スライド)

サードシート

【eh 】スマートアップサードシート(低位置格納式)
【ehV】スマートアップサードシート(低位置格納式)スライド

シートバックフック

【eh 】運転席2個+助手席2個(合計4個)
【ehV】運転席2個+助手席2個セカンド左右2個ずつ(合計8個)

シートバックポケット

【eh 】助手席
【ehV】助手席運転席(スマホ・タブレット収納付)

【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

内装

パーソナルテーブル

【eh 】セカンドシート左右
【ehV】セカンドシート左右+サードシート左右

カップホルダー

【eh 】フロントシート2個・セカンドシート4個・サードシート4個(合計10個)
【ehV】フロントシート2個・セカンドシート4個・サードシート6個(合計12個)

USB電源ソケット

【eh 】運転席1個
【ehV】運転席1個+セカンド・サードシート各2個(合計5個)

【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

外装

専用外装

【eh 】ハイウェイスター専用外装
【ehV】同上

スライドドア

【eh 】両側スライドドアオートクロージャー
【ehV】両側スライドドアオートクロージャー+両側ハンズフリーオートスライドドア

さらに

【ehV】サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ+全ドア連動ロック機能+ドアストップ機能

【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

安全/メカニズム/セキュリティ

【eh 】ハイウェイスター専用サスペンション
【ehV】同上

はい、以上のようになります。

より内装・外装ともに充実しているのがVセレクションですが、それが具体的におわかりいただけるかと。

両者でステアリング、シート地、外装、安全/メカニズム/セキュリティは共通となり、あとは【eX 】【ehV】のスペック差と同じとみればいいでしょう。

これがe-POWER ハイウェイスターとe-POWER ハイウェイスターVの価格差225,720円の内訳ですね。

では最後に、セレナe-POWER Xとe-POWER非搭載のマイルドハイブリッド車最上位となるセレナハイウェイスターGの価格・スペック差をみていきましょう。

セレナe-POWER XとハイウェイスターGの価格差

e-POWERのなかで最もお買い得なe-POWER XとS-ハイブリッド車最上位となるハイウェイスターGの価格はこちら。

e-POWER最安とS-ハイブリッド車最高グレード
e-POWER X:2,968,920円
ハイウェイスターG:3,016,440円

その価格差は47,520円でe-POWERを搭載していないS-ハイブリッド・ハイウェイスターGの方が高くなっています。

ハイウェイスターGはどこがそんなに優れているのでしょう。

セレナe-POWER XとハイウェイスターGのスペック差

Gグレードは特に内装の装備が豪華になっています。

基本的にはe-POWER Xとe-POWERハイウェイスターVのスペック差と似ていますので、後者をハイウェイスターGと読み替えてもらえればほぼ同じになります。

e-POWER X→【eX】
ハイウェイスター→【hG】

と表します。

ヘッドランプ

【eX】ハロゲンヘッドランプ
【hG】LEDヘッドランプ

【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

ステアリング

【eX】ノーマルステアリング
【hG】本革巻3本スポークステアリング

【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

ステアリングスイッチ

【eX】アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定+クルーズコントロール
【hG】同上

運転席まわりのフィニッシュ

【eX】ピアノ調センタークラスターフィニッシャー
【hG】ピアノ調センタークラスターフィニッシャー+ピアノ調パワーウィンドウフィニッシャー

オーディオ/ナビゲーションシステム

【eX】オーディオレス+4スピーカー
【hG】同上

シート地

【eX】織物/トリコット織物
【hG】ジャガード織物/トリコット

【eX 】【ehV】のスペック差と同じ。

シート

シートはe-POWER搭載車が7人乗り、非搭載車は8人乗りという違いがあります。

セカンドシート

【eX】キャプテンシート+右ロングスライド+左(ロングスライド+横スライド)
【hG】左右(超ロングスライド+横スライド)+中央スマートマルチセンターシート

シートのほか項目は【eX 】【ehV】のスペック差と全く同じです。

サードシート

【eX】スマートアップサードシート(低位置格納式)
【hG】スマートアップサードシート(低位置格納式)+スライド

シートバックフック

【eX】運転席2個+助手席2個(合計4個)
【hG】運転席2個+助手席2個+セカンド左右2個ずつ(合計8個)

シートバックポケット

【eX】助手席
【hG】助手席+運転席(スマホ・タブレット収納付)

これに続く、内装・外装・スライドドア・安全/メカニズム/セキュリティについても、【eX 】【ehV】のスペック差と全く同じです。

タイヤ

【eX】e-POWER専用15インチエアロアルミホイール
【hG】16インチアルミホイール

どっちもアルミホイールですが、ハイウェイスターでは16インチになります。

ホイール・タイヤの基礎知識について関連記事があります。

はい、どうでしょう。

シートなど内装はS-ハイブリッドGの方が上です。

e-POWERというパワートレイン=燃費をとるか室内の充実装備をとるか、迷いますね。

価格差5万円程度ですから。

セレナe-POWER 価格差まとめ

セレナe-POWERは4グレードありますが、その価格差・スペック差の比較についてみてきました。

まず【eX 】【ehV】のスペック差をみておき、それを軸にして他のスペック差を捉えるようにするとわかりやすいですね。

1つ目の比較ではe-POWER Xとe-POWER ハイウェイスターVの価格差435,240円とそのスペック差をご紹介しました。

細々としているのですが、ここを押さえておけばそのあとからのスペック差を理解しやすくなります。

2つ目の比較はe-POWER ハイウェイスターとe-POWER ハイウェイスターVについて。

価格差は225,720円です。

同じハイウェイスター系でステアリング、シート地、外装、安全/メカニズム/セキュリティが共通でした。

あとはe-POWER Xとe-POWER ハイウェイスターVのスペック差と同様。

最後にe-POWER XとハイウェイスターGとの比較。

価格差は47,520円でe-POWER非搭載のGグレードの方が高いのですね。

これもe-POWER Xとe-POWER ハイウェイスターVのスペック差を基にすれば理解しやすくなりました。

このようにセレナe-POWERの価格差を扱ってきましたが、実際はさらに様々なオプションが関係してきてもっと複雑になっていきますよね。

そのように深く絞り込んでいく際の基礎になる理解がしてもらえれば幸いです。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

セレナe-POWERの関連記事はこちら。

さて、こんな魅力的な日産セレナですが、少しでもお安く購入したいですよね。

これからご紹介するセレナ値引きの3つの裏技は、他のブログではあまり書かれていません。

ですが、かなり簡単に、しかも大幅な値引きを実現できます。

文章は長いですが、ゆっくりと読み進めてくださいね。

 

まず知ってほしいのが、ディーラーの自動車下取り価格はボッタクリという事実です。

セレナを購入する際には、あなたのマイカーを絶対にディーラーに出してはいけません。

ディーラーの仕事は、以下のどちらでしょう?

  • 新車を売る
  • 下取りをする

そう、ディーラーの仕事は「新車を売る」ことですよね。

これを念頭におきつつ、読み進めてください。

それでは、3ステップで解説していきます。

ステップ1:新車見積もりをする

セレナを購入するとき、日産販売店を1軒1軒まわっていませんか?

多くのディーラーをまわるのは、時間がかかるし、骨が折れますよね。

ライバル車であるヴォクシーやステップワゴンなどの見積もりをとるのも、ひと苦労です。

 

そこで、在宅で複数ディーラーからセレナの新車見積もりができる、MOTAを紹介します。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



MOTAではオンライン上で見積もりができるので、わざわざライバル車の見積もりをとりに行くため、貴重な時間をつぶす必要はありません。

言葉巧みなディーラーとの会話を避けることもできます。

このサイト利用すれば、簡単に複数ディーラーからセレナの値引き額を知ることができますよ。

これでMOTAからの見積書を利用し、有利に価格交渉を始められるようになります。

ステップ2:一括車買取査定をする

ステップ2で利用するのは、無料の一括車買取査定サイトです。

一括車買取査定サイトは1社のみからの査定というところもありますが、ここで使用するのは複数の買い取り業者から査定をだしてもらうサイトです。

1社の査定では言い値から値上がりする可能性は低いですが、数社を競わせることで思いもよらない価格に跳ね上がることもあります。

 

この業界では後出しじゃんけんの法則というものがあり、他社より1円でも高い買取価格を提示するという習慣があるので、複数の買い取り業者から買取の見積もりをとることが重要です。

一括車買取査定サイトで査定の見積もりを出してもらい、マイカーの買取価格を把握しておきましょう。

そこで、より高い買い取り価格を引き出すために、優良サイトをご紹介します。

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】



MOTA車買取のメリットは、次の3つ。

  • しつこい営業電話はナシ
  • 査定額が出るまでネットで完結
  • 最大20社比較で高く売れる

MOTA車買取なら、高額査定の会社が事前に分かるのに加え、連絡があるのは高額査定の(最大)3社のみ。よくある営業電話の嵐に巻き込まれる心配は、ありません。

査定が終わると、高い査定額を提示してくれた3社から電話がくるので、実際に現物のマイカーを確認しにきてもらいましょう。

しかし、ここではまだ、実際に買い取りを決定してはいけません。

「ディーラーで新車を契約してから」などと言って、とりあえずはその日はお引きとり願いましょう。

今回の目的は、マイカーの買取額を把握しておくことであり、それが新車の大幅な値引きを実現するための重要なポイントになるからです。

ステップ3:ディーラーで値引き交渉をする

このステップ3が、1番キモとなるところです。

ステップ1で行った、MOTA新車見積もりの結果をディーラーに提示した上で、セレナを新車で買うときの見積もりを出してもらいます。

見積もりを出してもらうとき、「下取りあり」と「下取りなし」の見積もりを選ぶことになりますが、必ず下取りありの見積もりを出してもらいましょう。

 

あなたが持っていったMOTA新車見積もりの結果をみたディーラーは、MOTAの値引き額よりさらに安くなった見積もりを提示してくるはずです。

しかし、そこで「よかった、よかった」と満足してはいけません。

実際は、値引きなどまったく、されてはいないのです。

 

ここで、ディーラーは値引き充当というテクニックを使ってきます。

値引き充当という言葉を知っていますか?

聞き慣れない言葉かと思いますが、説明しますね。

値引き充当とは、値引き額を高くするかわりに下取り価格を安くして、大幅な値引きをしたように見せかけるテクニックです。

 

具体的に、説明しますね。

最初に提示された値引額が、10万円だとします。

200万円 − 値引額10万円 − 下取り価格40万円 = 150万円

これが値引き充当を使って、値引き額を20万円にした場合、

200万円 − 値引額20万円 − 下取り価格30万円150万円

後者ではたしかに値引額が10万円→20万円と上がっていますが、その代わりに下取り価格が下がっていますよね。

だから、どちらも結果は150万円と同じなのです。

つまり、値引額が大きくなっているのは見せかけだけで、実は下取り価格を下げる操作を裏で行っています。

これが値引充当というテクニックです。

 

ディーラーは、最初の下取り価格をあなたには伝えていませんので、普通の人は値引き充当をされていることには気がつきませんよね。

しかし、あなたはステップ2(MOTA一括車買取査定)で、ご自身の車が買取業者ではいくらで買い取ってもらえるかを知っています。

ディーラーがあなたのマイカーを、どれだけ安く買い取ろうとしているのかがわかるわけです。

そのため、値引き充当にだまされることはありません。

 

そして、ここからが最重要ポイント。

ディーラーに「その値引き額でいいので、下取りは無しにしてください」と申し出るのです。

どういうことか説明します。

ディーラーは、値引き充当する前提で、大幅な値引き額を提示しました。

ここで、あなたが下取りなしに変更したとしても、ディーラーは客であるあなたに、値引き充当のことなど言えません。

「下取り価格をボッタくるつもりで値引きをしました」とは、口が裂けても言えないのです。

 

もしも、ディーラーに下取り無しに変更した理由を聞かれたら、「大幅に値下げをしてもらったので、今乗っている車は同僚に安く売る」などと言えばいいのです。

今乗っているお車は、ステップ2で事前に査定をしてもらった買取業者で、一番高値を出した業者に買い取ってもらいましょう。

これにより、

  • セレナの大幅な値引き(ディーラー)
  • マイカーの高額な買取(MOTA買取業者)

という2つが同時に実現し、いちばんお得にセレナが購入できるようになります。

これが値引き充当を逆手に取り、大幅な値引きを実現する方法です。

 

それでは、もういちど復習しておきましょう。

ステップ1では、新車見積もりサイトで、セレナの値引額を把握しておきます。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



ステップ2では、一括車買取査定サイトで、あなたのマイカーの下取り価格を調べておきます。

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】



ステップ3では、ディーラーに「下取りあり」で大幅値引きを提示させた後、下取りを撤回し、手順2で一番高額な査定を出した業者に、あなたのマイカーを売却します。

以上が、セレナを最大限お求めやすく購入する3ステップです。

では、あなたが笑ってセレナに乗られている姿を楽しみにしています。

事前準備が9割です。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク